Oracle中心にIT全般の技術情報を気が向くままに書いています。他にLinux、仮想化技術(VMWare)やトラブルに役立つ情報などがあります。

スポンサーサイトSQL Developerで本番環境等へのリリース用にオブジェクトをデプロイする


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
開発環境で作成した特定のテーブルやプロシージャなどを本番環境へ反映させたい場合があります。

そんな時はSQL Developerの「SQL Developerカート」を使用すると便利です。




(1)SQL Developerカートの表示
SQL Developerを起動し,メニューを[表示]->[SQL Developerカート]と選択します。



(2)デプロイオブジェクトの選択
 本番環境等へリリースしたいオブジェクトを選択します。
 オブジェクトの選択は,左側ペインからテーブルやファンクション等をマウスでクリックしたまま,右側のSQL Developerカートへドラッグ&ドロップします。



(3)データの選択
 テーブル内のデータについてもリリースするかどうかを選択します。
 データも含める場合には対象オブジェクトのデータにチェックを入れます。



(4)デプロイ画面の起動
 デプロイボタンをおします。



(5)デプロイの実施
 ファイル名にデプロイファイルを記入します。
 また、デプロイ対象のものにチェックをします。
 データを含む場合で,行をロードする前に宛て先のテーブルのデータを切り捨てる場合は,「宛先データの切捨て」にチェックを入れます。

 上記の確認が終わったら「適用」ボタンをクリックします。



(6)デプロイファイルの解凍
 作成したzipファイルを解凍します。


 本番環境等へのリリース用のSQLファイルが作成されています。


 試しに「EMP_DATA_TABLE.sql」ファイルを開くと,データ登録用のSQLが作成されていることが分かります。



これなら簡単に本番環境へのリリースが行ったり,リンクテスト環境からシステムテスト環境への反映などが行えますね。




以上です。




トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



前ページへ:SQL DeveloperでBLOBへの画像登録と参照をカンタンに行う
次ページへ:SQL*Plusでバックスペースが使えるようにする

ページのトップへ

必ずお読みください

本ブログ記事をご利用になって生じたいかなる損害についても当方は一切責任を負いません。
ご利用は自己責任でお願いします。(^―^)

広 告





ブログランキング/その他


ビジネスブログ100選

ブログランキング・にほんブログ村へ
blogramで人気ブログを分析




最新トラックバック


RSSリンクの表示

QRコード

QR

アクセスカウンター

ユニーク:
トータル:


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。