Oracle中心にIT全般の技術情報を気が向くままに書いています。他にLinux、仮想化技術(VMWare)やトラブルに役立つ情報などがあります。

スポンサーサイト自動統計収集を無効化する


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
自動統計収集の無効化を行うには,初期化パラメータ「STATISTICS_LEVEL」をデフォルトの「TYPICAL」から「BASIC」に変更すれば良いです。
ただし,動的SGAメモリー管理が無効になっていることが前提です。

【実行した環境】
DB: Oracle 11.1.0.6.0
OS: Oracle Enterprise Linux V5

【実施手順】
初期化パラメータ「STATISTICS_LEVEL」の値を確認します。
SQL> show parameter statistics_level

NAME                                 TYPE
------------------------------------ --------------------------------- 
VALUE
------------------------------ 
statistics_level                     string
TYPICAL

初期化パラメータ「STATISTICS_LEVEL」の変更を行うと,動的SGAメモリー管理が有効である為にエラーが発生してしまいました。
SQL> alter system set statistics_level=basic scope=both;
alter system set statistics_level=basic scope=both
*
行1でエラーが発生しました。:
ORA-02097: 指定した値が無効なので、パラメータを変更できません。 ORA-00830:
自動チューニングSGAを有効にした状態で、statistics_levelをBASICに設定できません。

動的SGAメモリー管理を無効化します。
SQL> alter system set sga_target=0 scope=both;

システムが変更されました。

再度,初期化パラメータ「STATISTICS_LEVEL」の変更を行うと今度は正常終了します。
SQL> alter system set statistics_level=basic scope=both;

システムが変更されました。

パラメータを確認すると初期化パラメータの値がBASIC変更されています。
SQL> show parameter statistics_level

NAME                                 TYPE
------------------------------------ --------------------------------- 
VALUE
------------------------------ 
statistics_level                     string
BASIC

以上で自動統計収集は無効化されました。

ORACLEのチューニングについて勉強したい




以上です。




トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



前ページへ:SQLPlusのエディタをviに変更する
次ページへ:統計情報を手動で取得する

ページのトップへ

必ずお読みください

本ブログ記事をご利用になって生じたいかなる損害についても当方は一切責任を負いません。
ご利用は自己責任でお願いします。(^―^)

広 告





ブログランキング/その他


ビジネスブログ100選

ブログランキング・にほんブログ村へ
blogramで人気ブログを分析




最新トラックバック


RSSリンクの表示

QRコード

QR

アクセスカウンター

ユニーク:
トータル:


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。