Oracle中心にIT全般の技術情報を気が向くままに書いています。他にLinux、仮想化技術(VMWare)やトラブルに役立つ情報などがあります。

スポンサーサイトSQLPlusのエディタをviに変更する


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
SQL*Plusのデフォルトエディタはedとなっていますが、長い文を入力する場合などはviの方が便利です。
SQL*Plusの「edit」コマンドにより、viコマンドでの編集が可能となります。

エディタをedからviに変更する方法はいくつかの方法があります。

【実行した環境(サーバ)】
DB: Oracle 11gR2
OS: Oracle Enterprise Linux V5

【手順一覧】
設定は、下記の方法があります。
(1) defineコマンドによる設定(SQL*Plusを終了すると設定は元に戻る)
(2) glogin.sqlに定義(全体の設定)
(3) login.sqlに定義(ユーザ毎の設定)

【実行手順】
(1) defineコマンドによる設定(SQL*Plusを終了すると設定は元に戻る)
①デフォルト設定値確認
「define _EDITOR」コマンドにより、デフォルトの_EDITORの設定値がedであることを確認します。
$ sqlplus /nolog

SQL*Plus: Release 11.2.0.1.0 Production on 金 11月 12 22:47:51 2010

Copyright (c) 1982, 2009, Oracle.  All rights reserved.

SQL> SQL> define _EDITOR
DEFINE _EDITOR         = "ed" (CHAR)

②エディター設定変更
エディターをviに変更します。
SQL> define _EDITOR=vi

③設定値確認
SQL> define _EDITOR
DEFINE _EDITOR         = "vi" (CHAR)

④SQL*Plus終了後の再確認 下記のように設定が戻っていることが確認できます。
SQL> quit
Oracle Database 11g Enterprise Edition Release 11.2.0.1.0 - Production
With the Partitioning and Real Application Testing optionsとの接続が切断されました。
$ sqlplus /nolog

SQL*Plus: Release 11.2.0.1.0 Production on 金 11月 12 22:47:51 2010

Copyright (c) 1982, 2009, Oracle.  All rights reserved.

SQL> define _EDITOR
DEFINE _EDITOR         = "ed" (CHAR)


(2) glogin.sqlに定義(全体の設定)
①デフォルト設定値確認
「define _EDITOR」コマンドにより、デフォルトの_EDITORの設定値がedであることを確認します。
$ sqlplus /nolog

SQL*Plus: Release 11.2.0.1.0 Production on 金 11月 12 22:47:51 2010

Copyright (c) 1982, 2009, Oracle.  All rights reserved.

SQL> SQL> define _EDITOR
DEFINE _EDITOR         = "ed" (CHAR)

②エディター設定変更
全ユーザ共通の設定を行うためには、glogin.sqlファイルにエディタ設定を追記します。
下記は設定後にファイルの中身を確認しています。
$ cat $ORACLE_HOME/sqlplus/admin/glogin.sql
define _EDITOR=vi

③設定値確認
$ sqlplus /nolog

SQL*Plus: Release 11.2.0.1.0 Production on 金 11月 12 22:49:22 2010

Copyright (c) 1982, 2009, Oracle.  All rights reserved.

SQL> define _EDITOR
DEFINE _EDITOR         = "vi" (CHAR)


(3) login.sqlに定義(ユーザ毎の設定)
各ユーザ毎にエディタ設定を変更したい場合には、login.sqlファイルにエディタ設定を追記します。
login.sqlファイルへの設定については、「(2) glogin.sqlに定義(全体の設定)」と同じです。
login.sqlファイルは、カレントディレクトリもしくはSQLPATH環境変数に登録されたディレクトリ内へ配置します。


SQLの書き方について詳しく知りたい


【関連リンク】
SQL 入門
PL/SQL に関する覚え書き 1
PL/SQL 超入門



以上です。




トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



前ページへ:11gデフォルトのパスワード有効期限を無効化する
次ページへ:自動統計収集を無効化する

ページのトップへ

必ずお読みください

本ブログ記事をご利用になって生じたいかなる損害についても当方は一切責任を負いません。
ご利用は自己責任でお願いします。(^―^)

広 告





ブログランキング/その他


ビジネスブログ100選

ブログランキング・にほんブログ村へ
blogramで人気ブログを分析




最新トラックバック


RSSリンクの表示

QRコード

QR

アクセスカウンター

ユニーク:
トータル:


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。