Oracle中心にIT全般の技術情報を気が向くままに書いています。他にLinux、仮想化技術(VMWare)やトラブルに役立つ情報などがあります。

スポンサーサイトssh接続が遅い場合の対処


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Oracle Enterprise Linux R5をVMWareのローカル環境にインストールした際に、TeraTermによるssh接続が10秒位かかってしまうという現象が発生しました。

調べてみると、以下のサイトがあり、対処方法がいろいろと書かれていますが、私の環境の場合は、サーバの/etc/hostsファイルに、接続するコンピュータを記載すると、一瞬でログインできるようになりました。

サイト:sshの接続確立が遅い場合の対処方法

更に調べてみると、以下のサイトがあり、redhatで、glibcのバグという情報に行き当たりました。
IPV6で名前解決を試みて失敗し、10秒待ってIPV4の名前解決を始めるらしいです。
OSは違いますが、症状は同じだし、不具合箇所がglibcということもあって、どうもこれが原因のようですね。

サイト:SSHの名前解決が遅い問題(RedHat)

実はこれって常識なんでしょうか?

SSHについて詳しく知りたい




以上です。




トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



前ページへ:サーバOracle GUI画面をWindowsクライアント端末に表示する
次ページへ:cygwin利用時のOracle Universal Installerタイトルバー文字化けの対処

ページのトップへ

必ずお読みください

本ブログ記事をご利用になって生じたいかなる損害についても当方は一切責任を負いません。
ご利用は自己責任でお願いします。(^―^)

広 告





ブログランキング/その他


ビジネスブログ100選

ブログランキング・にほんブログ村へ
blogramで人気ブログを分析




最新トラックバック


RSSリンクの表示

QRコード

QR

アクセスカウンター

ユニーク:
トータル:


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。