Oracle中心にIT全般の技術情報を気が向くままに書いています。他にLinux、仮想化技術(VMWare)やトラブルに役立つ情報などがあります。

スポンサーサイトRAT Database Replay機能を利用する(GUI編)


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


11gより、「Oracle Real Appliction Testing」の機能が追加されました。
本機能は、本番環境のワークロードを取得し、テスト環境で本番環境と同様のワークロードを実行することができるものです。
非常に便利な機能だと思います。

今回、GUIにて実施してみた時の結果を記載しようと思ったのですが、OTNのサイトに分かりやすい方法が書いてありましたので、LINKだけ張ることにしました。

■Oracle by Exampleシリーズ: Oracle Database 11g
Database Replayを使用した実環境でのテストの実施

そのうち、コマンドでの実行結果を載せたいと思います。

【関連リンク】
むりやり ubuntu 7.10 に Oracle 11g RAC 入れる実験
オラクルマスターブロンズ11g 受験記
oracle 11g で cpu 使用率 100%
Windows VistaにOracle Clientをインストール
Eclipse+Java+Oracle ---- EXTENDED BODY



以上です。




トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



前ページへ:データベースの削除を行う(DROP DATABASE)
次ページへ:RAT Database Replay機能を利用する(コマンド編)

ページのトップへ

必ずお読みください

本ブログ記事をご利用になって生じたいかなる損害についても当方は一切責任を負いません。
ご利用は自己責任でお願いします。(^―^)

広 告





ブログランキング/その他


ビジネスブログ100選

ブログランキング・にほんブログ村へ
blogramで人気ブログを分析




最新トラックバック


RSSリンクの表示

QRコード

QR

アクセスカウンター

ユニーク:
トータル:


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。