Oracle中心にIT全般の技術情報を気が向くままに書いています。他にLinux、仮想化技術(VMWare)やトラブルに役立つ情報などがあります。

スポンサーサイトRAC構築 10gR2 on Oracle Linux5.2[VMWare] (12)Oracle Clusterwareインストール事前設定


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
(12) Oracle Clusterwareインストール事前検証

【RAC構築の流れ】
(1) RAC構築の全体設計
(2) VMWareインストール
(3) VMWare仮想マシン追加(RACサーバ1)
(4) Oracle Enterprise Linuxインストール(RACサーバ1)
(5) 追加モジュールインストール(RACサーバ1)
(6) VMWare共有ディスク追加(RACサーバ1)
(7) 共有ディスク設定(RACサーバ1)
(8) 自動時刻合わせ設定(RACサーバ1)
(9) インストール事前環境設定(RACサーバ1)
(10) RACサーバ2の作成
(11) SSH環境設定
(12) Oracle Clusterwareインストール事前検証(今回の記事)
(13) Oracle Clusterwareインストール
(14) RACインストール


前回までで、ようやく事前作業が終りましたので、Oracle Clusterwareのインストールの準備が整いました。
しかし今回は、Clusterwareをインストール前に「事前検証ユーティリティ」によるチェックを行います。
事前チェックをすることにより、事前の設定に抜け漏れが無いかなどについて確認できるようになります。

確実にインストールを行うため、「急がば回れ」です。

【Oracle Clusterwareソフトウェアの場所】
本環境では、下記にソフトウェアが置いてあります。
/home/oracle/clusterwar

【詳細手順】
以下のように「runcluvfy.sh」を実行することで、Oracle Clusterwareをインストールするための前提条件チェックを行うことができます。
インストールはRACを構成する予定のいずれかのノードから実行すればOKです。
事前検証についても同様ですが、RACサーバ1から実行することにします。
この時、RACサーバ2も稼動している必要があります。
[oracle@rac01 ~]$ cd /home/oracle/clusterware/cluvfy/
[oracle@rac01 cluvfy]$ ./runcluvfy.sh stage -pre crsinst -n rac01,rac02 -verbose

クラスタ・サービス設定の事前チェックを実行しています

ノード到達可能性をチェック中...

チェック: ノード"rac01"からのノード到達可能性
  宛先ノード                                 到達可能ですか
  ------------------------------------  ------------------------ 
  rac02                                 はい
  rac01                                 はい
結果: ノード"rac01"からのノード到達可能性チェックに合格しました。


ユーザー等価をチェック中...

チェック: ユーザー"oracle"のユーザー等価
  ノード名                                  コメント
  ------------------------------------  ------------------------ 
  rac02                                 合格
  rac01                                 合格
結果: ユーザー"oracle"のユーザー等価チェックに合格しました。

管理権限をチェック中...

チェック: ユーザー"oracle"の存在
  ノード名          ユーザーが存在します                コメント
  ------------  ------------------------  ------------------------ 
  rac02         はい                        合格
  rac01         はい                        合格
結果: "oracle"のユーザーの存在チェックに合格しました。

チェック: グループ"oinstall"の存在
  ノード名          ステータス                     グループID
  ------------  ------------------------  ------------------------ 
  rac02         存在します                     500
  rac01         存在します                     500
結果: "oinstall"のグループの存在チェックに合格しました。

チェック: グループ"oinstall"内のユーザー"oracle"[プライマリ]のメンバーシップ
  ノード名        ユーザーが存在します  グループが存在します  グループ内のユーザー  プライマリ  コメント
  ----------------  ------------  ------------  ------------  ------------  ------------ 
  rac02             はい            はい            はい            はい            合格
  rac01             はい            はい            はい            はい            合格
結果: グループ"oinstall"内のユーザー"oracle"[プライマリ]のメンバーシップ・チェックに合格しました。

管理権限チェックに合格しました。

ノード接続性をチェック中...


ノード"rac02"のインタフェース情報
  インタフェース名                        IPアドレス                          サブネット
  ------------------------------  ------------------------------  ---------------- 
  eth0                            192.168.0.3                     192.168.0.0
  eth1                            192.170.0.3                     192.170.0.0


ノード"rac01"のインタフェース情報
  インタフェース名                        IPアドレス                          サブネット
  ------------------------------  ------------------------------  ---------------- 
  eth0                            192.168.0.2                     192.168.0.0
  eth1                            192.170.0.2                     192.170.0.0


チェック: サブネット"192.168.0.0"のノード接続性
  ソース                             宛先                              接続しましたか
  ------------------------------  ------------------------------  ---------------- 
  rac02:eth0                      rac01:eth0                      はい
結果: ノードrac02,rac01を持つサブネット"192.168.0.0"のノード接続性チェックに合格しました。

チェック: サブネット"192.170.0.0"のノード接続性
  ソース                             宛先                              接続しましたか
  ------------------------------  ------------------------------  ---------------- 
  rac02:eth1                      rac01:eth1                      はい
結果: ノードrac02,rac01を持つサブネット"192.170.0.0"のノード接続性チェックに合格しました。

サブネット"192.170.0.0"のVIPに適したインタフェース:
rac02 eth1:192.170.0.3
rac01 eth1:192.170.0.2

サブネット"192.168.0.0"のプライベート・インターコネクトに適したインタフェース:
rac02 eth0:192.168.0.3
rac01 eth0:192.168.0.2

結果: ノード接続性チェックに合格しました。


システム要件をチェック中: 'crs'...

チェック: メモリー合計
  ノード名          使用可能                      必須                        コメント
  ------------  ------------------------  ------------------------  ---------- 
  rac02         1011.03MB (1035292KB)     512MB (524288KB)          合格
  rac01         1011.03MB (1035292KB)     512MB (524288KB)          合格
結果: メモリー合計チェックに合格しました。

チェック: "/tmp"ディレクトリのディスク空き領域
  ノード名          使用可能                      必須                        コメント
  ------------  ------------------------  ------------------------  ---------- 
  rac02         14.26GB (14947748KB)      400MB (409600KB)          合格
  rac01         13.95GB (14625716KB)      400MB (409600KB)          合格
結果: ディスク空き領域チェックに合格しました。

チェック: スワップ領域
  ノード名          使用可能                      必須                        コメント
  ------------  ------------------------  ------------------------  ---------- 
  rac02         1.94GB (2031608KB)        1GB (1048576KB)           合格
  rac01         1.94GB (2031608KB)        1GB (1048576KB)           合格
結果: スワップ領域チェックに合格しました。

チェック: システム・アーキテクチャ
  ノード名          使用可能                      必須                        コメント
  ------------  ------------------------  ------------------------  ---------- 
  rac02         i686                      i686                      合格
  rac01         i686                      i686                      合格
結果: システム・アーキテクチャチェックに合格しました。

チェック: カーネル・バージョン
  ノード名          使用可能                      必須                        コメント
  ------------  ------------------------  ------------------------  ---------- 
  rac02         2.6.18-92.el5             2.4.21-15EL               合格
  rac01         2.6.18-92.el5             2.4.21-15EL               合格
結果: カーネル・バージョンチェックに合格しました。

チェック: "make-3.79"のパッケージの存在
  ノード名                            ステータス                           コメント
  ------------------------------  ------------------------------  ---------------- 
  rac02                           make-3.81-3.el5                 合格
  rac01                           make-3.81-3.el5                 合格
結果: "make-3.79"のパッケージの存在チェックに合格しました。

チェック: "binutils-2.14"のパッケージの存在
  ノード名                            ステータス                           コメント
  ------------------------------  ------------------------------  ---------------- 
  rac02                           binutils-2.17.50.0.6-6.el5      合格
  rac01                           binutils-2.17.50.0.6-6.el5      合格
結果: "binutils-2.14"のパッケージの存在チェックに合格しました。

チェック: "gcc-3.2"のパッケージの存在
  ノード名                            ステータス                           コメント
  ------------------------------  ------------------------------  ---------------- 
  rac02                           gcc-4.1.2-42.el5                合格
  rac01                           gcc-4.1.2-42.el5                合格
結果: "gcc-3.2"のパッケージの存在チェックに合格しました。

チェック: "glibc-2.3.2-95.27"のパッケージの存在
  ノード名                            ステータス                           コメント
  ------------------------------  ------------------------------  ---------------- 
  rac02                           glibc-2.5-24                    合格
  rac01                           glibc-2.5-24                    合格
結果: "glibc-2.3.2-95.27"のパッケージの存在チェックに合格しました。

チェック: "compat-db-4.0.14-5"のパッケージの存在
  ノード名                            ステータス                           コメント
  ------------------------------  ------------------------------  ---------------- 
  rac02                           compat-db-4.2.52-5.1            合格
  rac01                           compat-db-4.2.52-5.1            合格
結果: "compat-db-4.0.14-5"のパッケージの存在チェックに合格しました。

チェック: "compat-gcc-7.3-2.96.128"のパッケージの存在
  ノード名                            ステータス                           コメント
  ------------------------------  ------------------------------  ---------------- 
  rac02                           欠落                              失敗
  rac01                           欠落                              失敗
結果: "compat-gcc-7.3-2.96.128"のパッケージの存在チェックが失敗しました。

チェック: "compat-gcc-c++-7.3-2.96.128"のパッケージの存在
  ノード名                            ステータス                           コメント
  ------------------------------  ------------------------------  ---------------- 
  rac02                           欠落                              失敗
  rac01                           欠落                              失敗
結果: "compat-gcc-c++-7.3-2.96.128"のパッケージの存在チェックが失敗しました。

チェック: "compat-libstdc++-7.3-2.96.128"のパッケージの存在
  ノード名                            ステータス                           コメント
  ------------------------------  ------------------------------  ---------------- 
  rac02                           欠落                              失敗
  rac01                           欠落                              失敗
結果: "compat-libstdc++-7.3-2.96.128"のパッケージの存在チェックが失敗しました。

チェック: "compat-libstdc++-devel-7.3-2.96.128"のパッケージの存在
  ノード名                            ステータス                           コメント
  ------------------------------  ------------------------------  ---------------- 
  rac02                           欠落                              失敗
  rac01                           欠落                              失敗
結果: "compat-libstdc++-devel-7.3-2.96.128"のパッケージの存在チェックが失敗しました。

チェック: "openmotif-2.2.3"のパッケージの存在
  ノード名                            ステータス                           コメント
  ------------------------------  ------------------------------  ---------------- 
  rac02                           openmotif-2.3.0-0.5.el5         合格
  rac01                           openmotif-2.3.0-0.5.el5         合格
結果: "openmotif-2.2.3"のパッケージの存在チェックに合格しました。

チェック: "setarch-1.3-1"のパッケージの存在
  ノード名                            ステータス                           コメント
  ------------------------------  ------------------------------  ---------------- 
  rac02                           setarch-2.0-1.1                 合格
  rac01                           setarch-2.0-1.1                 合格
結果: "setarch-1.3-1"のパッケージの存在チェックに合格しました。

チェック: "dba"のグループの存在
  ノード名          ステータス                     コメント
  ------------  ------------------------  ------------------------ 
  rac02         存在します                     合格
  rac01         存在します                     合格
結果: "dba"のグループの存在チェックに合格しました。

チェック: "oinstall"のグループの存在
  ノード名          ステータス                     コメント
  ------------  ------------------------  ------------------------ 
  rac02         存在します                     合格
  rac01         存在します                     合格
結果: "oinstall"のグループの存在チェックに合格しました。

チェック: "nobody"の既存ユーザー
  ノード名          ステータス                     コメント
  ------------  ------------------------  ------------------------ 
  rac02         存在します                     合格
  rac01         存在します                     合格
結果: "nobody"の既存ユーザーチェックに合格しました。

システム要件が失敗しました 'crs'

クラスタ・サービス設定の事前チェックはすべてのノードで失敗しました。

チェック結果を見ると、以下については失敗したと言われます。
結果: "compat-gcc-7.3-2.96.128"のパッケージの存在チェックが失敗しました。
結果: "compat-gcc-c++-7.3-2.96.128"のパッケージの存在チェックが失敗しました。
結果: "compat-libstdc++-7.3-2.96.128"のパッケージの存在チェックが失敗しました。
結果: "compat-libstdc++-devel-7.3-2.96.128"のパッケージの存在チェックが失敗しました。

上記の失敗したパッケージについては、リリースノートの「6.4 クラスタ検証ユーティリティ」を参照すると、無視してインストールを続けるように記載されています。
資料では、「Red Hat Enterprise Linux 4.0およびSUSE Linux Enterprise Server 9および10」に関する注意事項として記載されていますが、Oracle Enterprise Linux 5についても同様であると考えています。(私が勝手に)
Oracle Databaseリリース・ノート 10g リリース2(10.2)for Linux x86-64
※64bit-OSでは無いですが、x86側のマニュアルには記載がありませんでした。

本当に大丈夫かどうかはサポートにでも問い合わせると良いかもしれません。

以上のことから、クラスタ・サービス設定の事前チェックに合格したことが分かります。
次はいよいよOracle Clusterwareのインストールになります。



以上です。




トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



前ページへ:RAC構築 10gR2 on Oracle Linux5.2[VMWare] (11)SSH環境設定
次ページへ:動的リスナーを構成する(標準ポート1521、標準リスナー名)

ページのトップへ

必ずお読みください

本ブログ記事をご利用になって生じたいかなる損害についても当方は一切責任を負いません。
ご利用は自己責任でお願いします。(^―^)

広 告





ブログランキング/その他


ビジネスブログ100選

ブログランキング・にほんブログ村へ
blogramで人気ブログを分析




最新トラックバック


RSSリンクの表示

QRコード

QR

アクセスカウンター

ユニーク:
トータル:


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。