Oracle中心にIT全般の技術情報を気が向くままに書いています。他にLinux、仮想化技術(VMWare)やトラブルに役立つ情報などがあります。

スポンサーサイトRAC構築 10gR2 on Oracle Linux5.2[VMWare] (10)RACサーバ2の作成


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
(10) RACサーバ2の作成

【RAC構築の流れ】
(1) RAC構築の全体設計
(2) VMWareインストール
(3) VMWare仮想マシン追加(RACサーバ1)
(4) Oracle Enterprise Linuxインストール(RACサーバ1)
(5) 追加モジュールインストール(RACサーバ1)
(6) VMWare共有ディスク追加(RACサーバ1)
(7) 共有ディスク設定(RACサーバ1)
(8) 自動時刻合わせ設定(RACサーバ1)
(9) インストール事前環境設定(RACサーバ1)
(10) RACサーバ2の作成(今回の記事)
(11) SSH環境設定
(12) Oracle Clusterwareインストール事前検証
(13) Oracle Clusterwareインストール
(14) RACインストール


今回はいよいよRACサーバ2を作成します。
前回までRACサーバ1を作成していましたが、同じ手順を繰り返すことはしません。
基本的にRACサーバ1をコピーすることにより、なるべく楽をしてRACサーバ2を作成したいと思います。

【手順一覧】
1.RACサーバ1のシャットダウン
2.RACサーバ2の作成
3.RACサーバ2の起動
4.RACサーバ2の設定
5.RACサーバ2の設定確認

【詳細手順】
1.RACサーバ1のシャットダウン
RACサーバ1をシャットダウンし、仮想OSが停止するのを待ちます。

2.RACサーバ2の作成
(1) 「E:\Virtual Machines\rac01」フォルダをコピーして「E:\Virtual Machines\rac02」フォルダを作成します。

(2) 「E:\Virtual Machines\rac02\Other Linux 2.6.x kernel.vmx」ファイルを開き、「rac01」(RACサーバ1のホスト名)という文字を全て「rac02」(RACサーバ2のホスト名)に置換します。

3.RACサーバ2の起動
(1) メニューから「File->Open」と選択し、「Open Virtual Machine」画面を開きます。

(2) 「Open Virtual Machine」画面にて「Browse」ボタンを押し、ファイル選択用ダイアログ画面にて、「E:\Virtual Machines\rac02\Other Linux 2.6.x kernel.vmx」ファイルを選択し、「開く」ボタンを押します。

(3) 追加されたrac02を起動します。

4.RACサーバ2の設定
(1) /etc/hostsの修正
 「/etc/hosts」ファイルの「127.0.0.1」のアドレスに記載されているホスト名を「rac01」から「rac02」に変更します。

(2) /etc/sysconfig/networkの修正
 「/etc/sysconfig/network」ファイルの「HOSTNAME=rac01」の部分を「HOSTNAME=rac02」に変更します。

(3) 静的IPアドレス設定
 ネットワークインタフェース毎に設定ファイルがあるので、それぞれ修正します。
 
 ■「/etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-eth0」ファイルの修正
  ・「BOOTPROTO=dhcp」を「BOOTPROTO=static」に修正
  ・「IPADDR=192.168.0.3」を追記
  ・「NETMASK=255.255.255.0」を追記
  ・「NETWORK=192.168.0.0」を追記
  
 ■「/etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-eth1」ファイルの修正
  ・「BOOTPROTO=dhcp」を「BOOTPROTO=static」に修正
  ・「IPADDR=192.170.0.3」を追記
  ・「NETMASK=255.255.255.0」を追記
  ・「NETWORK=192.170.0.0」を追記
  
(4) RACサーバ2の再起動
 RACサーバ2の再起動を行います。

5.RACサーバ2の設定確認
再起動後、設定が反映されたか確認します。

(1) ホスト名の確認
[root@rac02 ~]# hostname
rac02

(2) ネットワーク設定の確認
[root@rac02 ~]# ifconfig
eth0      Link encap:Ethernet  HWaddr 00:0C:29:3C:B9:9A
          inet addr:192.168.0.3  Bcast:192.168.0.255  Mask:255.255.255.0
          inet6 addr: fe80::20c:29ff:fe3c:b99a/64 Scope:Link
          UP BROADCAST RUNNING MULTICAST  MTU:1500  Metric:1
          RX packets:40 errors:0 dropped:0 overruns:0 frame:0
          TX packets:94 errors:0 dropped:0 overruns:0 carrier:0
          collisions:0 txqueuelen:1000
          RX bytes:4305 (4.2 KiB)  TX bytes:14287 (13.9 KiB)
          Interrupt:177 Base address:0x1400

eth1      Link encap:Ethernet  HWaddr 00:0C:29:3C:B9:A4
          inet addr:192.170.0.3  Bcast:192.170.0.255  Mask:255.255.255.0
          inet6 addr: fe80::20c:29ff:fe3c:b9a4/64 Scope:Link
          UP BROADCAST RUNNING MULTICAST  MTU:1500  Metric:1
          RX packets:4 errors:0 dropped:0 overruns:0 frame:0
          TX packets:58 errors:0 dropped:0 overruns:0 carrier:0
          collisions:0 txqueuelen:1000
          RX bytes:344 (344.0 b)  TX bytes:9054 (8.8 KiB)
          Interrupt:185 Base address:0x1480

lo        Link encap:Local Loopback
          inet addr:127.0.0.1  Mask:255.0.0.0
          inet6 addr: ::1/128 Scope:Host
          UP LOOPBACK RUNNING  MTU:16436  Metric:1
          RX packets:1631 errors:0 dropped:0 overruns:0 frame:0
          TX packets:1631 errors:0 dropped:0 overruns:0 carrier:0
          collisions:0 txqueuelen:0
          RX bytes:3856628 (3.6 MiB)  TX bytes:3856628 (3.6 MiB)

以上でRACサーバ2の作成は終了です。




以上です。




トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



前ページへ:RAC構築 10gR2 on Oracle Linux5.2[VMWare] (9)インストール事前環境設定(RACサーバ1)
次ページへ:手動でデータベースの作成を行う

ページのトップへ

必ずお読みください

本ブログ記事をご利用になって生じたいかなる損害についても当方は一切責任を負いません。
ご利用は自己責任でお願いします。(^―^)

広 告





ブログランキング/その他


ビジネスブログ100選

ブログランキング・にほんブログ村へ
blogramで人気ブログを分析




最新トラックバック


RSSリンクの表示

QRコード

QR

アクセスカウンター

ユニーク:
トータル:


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。