Oracle中心にIT全般の技術情報を気が向くままに書いています。他にLinux、仮想化技術(VMWare)やトラブルに役立つ情報などがあります。

スポンサーサイトRAC構築 10gR2 on Oracle Linux5.2[VMWare] (3)VMWare仮想マシン追加(RACサーバ1)


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
(3) VMWare仮想マシン追加(RACサーバ1)

【RAC構築の流れ】
(1) RAC構築の全体設計
(2) VMWareインストール
(3) VMWare仮想マシン追加(RACサーバ1)(今回の記事)
(4) Oracle Enterprise Linuxインストール(RACサーバ1)
(5) 追加モジュールインストール(RACサーバ1)
(6) VMWare共有ディスク追加(RACサーバ1)
(7) 共有ディスク設定(RACサーバ1)
(8) 自動時刻合わせ設定(RACサーバ1)
(9) インストール事前環境設定(RACサーバ1)
(10) RACサーバ2の作成
(11) SSH環境設定
(12) Oracle Clusterwareインストール事前検証
(13) Oracle Clusterwareインストール
(14) RACインストール


VMWareで仮想マシンの追加を行います。
ポイントは、インターコネクト通信用に、ネットワークインタフェースを追加しているところです。

【手順一覧】
(1) VMWare起動
(2) 仮想マシンの追加
(3) 仮想マシンの設定
(4) 仮想ネットワーク設定

【詳細手順】
(1) VMWare起動
 VMWareを起動すると、以下の画面が出るので、そのまま「OK」ボタンを押します。
 

(2) 仮想マシンの追加
 ・メニューから「File->New->Virtual Machine」と選択します。
 

 ・「次へ」ボタンを押します。
 

 ・「Typical」を選択し、「次へ」ボタンを押します。
 

 ・ここでは、「Linux」の「Other Linux 2.6.x kernel」を選択し、「次へ」ボタンを押します。
 

 ・仮想マシン名の入力およびインストール先の選択を行い、「次へ」ボタンを押します。
  (ここでは仮想マシン名を「rac01」としました。)
 

 ・「Use bridged networking」を選択し、「次へ」ボタンを押します。
  このネットワークインタフェースは、パブリック用のインタフェースとして利用します。
  外部からアクセスさせる場合、bridgedが良いでしょう。
  VMWareのホストOSからしかアクセスしない場合はhost-onlyでも良いと思います。  

 ・Disk sizeを指定し、「Allocate all disk space now」のチェックを外し、「完了」ボタンを押します。
  今回はDisk sizeを多めに設定しましたが、RACをインストールするだけであれば、8GBもしくは10GB程度あれば良いでしょう。
  また、「Allocate all ...」のチェックを外しましたが、あらかじめディスク領域を確保する際のディスク作成時間をかけたくなかった為であり、本来はチェックした方が良いと思います。
 

(3) 仮想マシンの設定
 ・「Edit virtual machine settings」をクリックします。
 

 ・「Memory」を選択し、ゲストOSのメモリ容量を入力します。
  今回は、ホストOSのメモリに余裕があるため、1024MBとしましたが、ホストOSのメモリに余裕が無い場合、構築するだけであれば、256MB程度でも恐らく大丈夫だと思います。  

 ・「Add...」ボタンを押します。
 

 ・「次へ」ボタンを押します。
 

 ・「Ethernet Adapter」を選択し、「次へ」ボタンを押します。
  このネットワークインタフェースは、RACインターコネクト通信用のプライベートLAN用に追加します。
 

 ・「Custom」で「VMnet2」を選択し、「Connect at power on」にチェックし、「完了」ボタンを押します。
 

 ・「OK」ボタンを押します。
 

(4) 仮想ネットワーク設定
 ・メニューから「Host->Virtual Network Settings...」と選択します。

 ・「Host Virtual Adapters」タブを選択し、「Add...」ボタンを押します。  

 ・「VMnet2」を選択し、「OK」ボタンを押します。
 

 ・「Host Virtual Network Mapping」タブを選択し、VMnet2の「>」ボタンを押すとメニューが表示されるので、「Subnet」を選択します。
 

 ・IP Addressに「192.170.0.0」、Subnet Maskに「255.255.255.0」と入力し、「OK」ボタンを押します。
 

 ・「OK」ボタンを押します。
 




以上です。




トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



前ページへ:RAC構築 10gR2 on Oracle Linux5.2[VMWare] (2)VMWareインストール
次ページへ:RAC構築 10gR2 on Oracle Linux5.2[VMWare] (4)Oracle Enterprise Linuxインストール(RACサーバ1)

ページのトップへ

必ずお読みください

本ブログ記事をご利用になって生じたいかなる損害についても当方は一切責任を負いません。
ご利用は自己責任でお願いします。(^―^)

広 告





ブログランキング/その他


ビジネスブログ100選

ブログランキング・にほんブログ村へ
blogramで人気ブログを分析




最新トラックバック


RSSリンクの表示

QRコード

QR

アクセスカウンター

ユニーク:
トータル:


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。