Oracle中心にIT全般の技術情報を気が向くままに書いています。他にLinux、仮想化技術(VMWare)やトラブルに役立つ情報などがあります。

スポンサーサイト12cRAC構築[VMWare] 9.RACインストール


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
RACデータベースのインストールを行います。

-------------------------------------------------------------------------
■RAC構築 12cR1 on Oracle Linux6.4[VMWare]
1.RAC構築の全体設計
2.仮想化環境の構築
3.DNS兼NTPサーバの構築
4.Xサーバの構築
5.RACノード1構築
6.RACノード2構築(RACノード1複製)
7.ASM共有ディスク追加
8.Grid Infrastructureインストール
9.RACインストール ★今回
(参考) RACインストールでORA-00845
(参考) Grid Infrastructureインストール要件の事前チェック
(参考) oracleasm createdisk:Instantiating disk: failed


【過去記事】
(過去記事)RAC構築 11gR2 on Oracle Linux5.8[VMWare]
(過去記事)RAC構築 10gR2 on Oracle Linux5.2[VMWare]
-------------------------------------------------------------------------




Oracleデータベースダウンロード
Oracleデータベースは、「Oracleのサイト」から下記2ファイルをダウンロードします。

・ファイル:linuxamd64_12c_database_1of2.zip、linuxamd64_12c_database_2of2.zip


Oracle RACインストール
ダウンロードしたOracleデータベースをunzipコマンドで解凍しておきます。

4.Xサーバの構築」の手順に従い、CygwinのX Win Serverにて、「xhost +」でホストOSに画面表示を許可します。

RACノード1(racnode1)にログオンし、oracleユーザになります。
[root@racnode1 ~]# su - oracle [oracle@racnode1 ~]$

databaseディレクトリに移動し、「runInstaller」を実行します。
※「5.RACノード1構築」にて、DISPLAY環境変数にホストOSのIPアドレスを指定しているため、ホストOSにインストール用画面が表示されます。
[oracle@racnode1 ~]$ cd database
[oracle@racnode1 database]$ ./runInstaller

チェックを外し、「次へ」ボタンをクリックします。


「はい」ボタンをクリックします。


「ソフトウェア更新のスキップ」を選択し、「次へ」ボタンをクリックします。


「データベースの作成および構成」を選択し、「次へ」ボタンをクリックします。


「サーバー・クラス」を選択し、「次へ」ボタンをクリックします。


「Oracle Real Application Clustersデータベースのインストール」を選択し、「次へ」ボタンをクリックします。


「管理者権限」を選択し、「次へ」ボタンをクリックします。


「SSH接続」ボタンをクリックします。


OSパスワードを入力し、「設定」ボタンをクリックします。


SSH接続確立が成功したメッセージが表示されるので、「OK」ボタンをクリックします。


「次へ」ボタンをクリックします。


「拡張インストール」を選択し、「次へ」ボタンをクリックします。


「次へ」ボタンをクリックします。


「Enterprise Edition」を選択し、「次へ」ボタンをクリックします。


下記のように入力し、「次へ」ボタンをクリックします。
 ・Oracleベース:/u01/app/oracle
 ・ソフトウェアの場所:/u01/app/oracle/product/12.1.0/dbhome_1


「汎用目的/トランザクション処理」を選択し、「次へ」ボタンをクリックします。


下記のように入力し、「次へ」ボタンをクリックします。
 ・グローバル・データベース名:orcl.sakusaku.jp
 ・Oracleシステム識別子(SID):RACNODE
  ※上記指定でracnode1のSIDがRACNODE1、racnode2がRACNODE2となります。
 ・コンテナ・データベースとして作成
  ※コンテナ・データベースは、12cで追加された機能で、データベースをプラガブルにすることができます。
   非常に便利な機能だと思いますのでチェックを付けます。
 ・プラガブル・データベース名:pdborcl


「メモリー」タブはデフォルトのままでも良いですし、必要に応じてメモリ量を変更します。


「キャラクタ・セット」タブはデフォルトのままとします。
※「Unicode(AL32UTF8)」を指定しても良いと思います。


今回は、「サンプル・スキーマ付きデータベースを作成」にチェックして、「次へ」ボタンをクリックします。
※通常は、本チェックは不要です。


「Oracle自動ストレージ管理」を選択し、「次へ」ボタンをクリックします。


「次へ」ボタンをクリックします。


「リカバリの有効化」を選択し、「Oracle自動ストレージ管理」を選択し、「次へ」ボタンをクリックします。


「次へ」ボタンをクリックします。


「すべてのアカウントに同じパスワードを使用」を選択し、パスワードを入力し、「次へ」ボタンをクリックします。


パスワード強度が不足しているなど警告メッセージが出る場合がありますが、問題がなければ、「はい」ボタンをクリックします。


下記状態であることを確認し、「次へ」ボタンをクリックします。
 ・データベース管理者グループ:dba
 ・データベースオペレータグループ:選択なし
 ・データベースのバックアップおよびリカバリグループ:dba
 ・Data Guard管理グループ:dba
 ・暗号化鍵管理グループ:dba


「インストール」ボタンをクリックします。


下記画面が表示されますが、画面を表示したままにしておき、指示通りスクリプトの実行を行います。
※この時点で「OK」ボタンはクリックしないでください。


RACノード1(racnode1)にrootユーザでログインし、構成スクリプトを実行します。
[root@racnode1 ~]# /u01/app/oracle/product/12.1.0/dbhome_1/root.sh Performing root user operation for Oracle 12c The following environment variables are set as: ORACLE_OWNER= oracle ORACLE_HOME= /u01/app/oracle/product/12.1.0/dbhome_1 Enter the full pathname of the local bin directory: [/usr/local/bin]: ←何も入力せずにEnter The contents of "dbhome" have not changed. No need to overwrite. The contents of "oraenv" have not changed. No need to overwrite. The contents of "coraenv" have not changed. No need to overwrite. Entries will be added to the /etc/oratab file as needed by Database Configuration Assistant when a database is created Finished running generic part of root script. Now product-specific root actions will be performed.

RACノード2(racnode2)にrootユーザでログインし、構成スクリプトを実行します。
[root@racnode2 ~]# /u01/app/oracle/product/12.1.0/dbhome_1/root.sh Performing root user operation for Oracle 12c The following environment variables are set as: ORACLE_OWNER= oracle ORACLE_HOME= /u01/app/oracle/product/12.1.0/dbhome_1 Enter the full pathname of the local bin directory: [/usr/local/bin]: ←何も入力せずにEnter The contents of "dbhome" have not changed. No need to overwrite. The contents of "oraenv" have not changed. No need to overwrite. The contents of "coraenv" have not changed. No need to overwrite. Entries will be added to the /etc/oratab file as needed by Database Configuration Assistant when a database is created Finished running generic part of root script. Now product-specific root actions will be performed.

上記の構成スクリプト実行後、「OK」ボタンをクリックします。


データベース作成を完了後、下記画面が表示されるので、「OK」ボタンをクリックします。


「閉じる」ボタンをクリックします。



Oracle RACの状態確認
Oracle RACの状態確認を行い、インストールが正しく行われたことを確認します。
(1) 【RACノード1】クラスタ状態の確認
[oracle@racnode1 ~]$ /u01/app/12.1.0/grid/bin/crsctl status resource -t -------------------------------------------------------------------------------- Name Target State Server State details -------------------------------------------------------------------------------- Local Resources -------------------------------------------------------------------------------- ora.ASMDATA.dg ONLINE ONLINE racnode1 STABLE ONLINE ONLINE racnode2 STABLE ora.LISTENER.lsnr ONLINE ONLINE racnode1 STABLE ONLINE ONLINE racnode2 STABLE ora.asm ONLINE ONLINE racnode1 Started,STABLE ONLINE ONLINE racnode2 Started,STABLE ora.net1.network ONLINE ONLINE racnode1 STABLE ONLINE ONLINE racnode2 STABLE ora.ons ONLINE ONLINE racnode1 STABLE ONLINE ONLINE racnode2 STABLE -------------------------------------------------------------------------------- Cluster Resources -------------------------------------------------------------------------------- ora.LISTENER_SCAN1.lsnr 1 ONLINE ONLINE racnode2 STABLE ora.LISTENER_SCAN2.lsnr 1 ONLINE ONLINE racnode1 STABLE ora.LISTENER_SCAN3.lsnr 1 ONLINE ONLINE racnode1 STABLE ora.MGMTLSNR 1 ONLINE ONLINE racnode1 169.254.141.0 192.16 8.50.31,STABLE ora.cvu 1 ONLINE ONLINE racnode1 STABLE ora.mgmtdb 1 ONLINE ONLINE racnode1 Open,STABLE ora.oc4j 1 ONLINE ONLINE racnode1 STABLE ora.orcl.db 1 ONLINE ONLINE racnode1 Open,STABLE 2 ONLINE ONLINE racnode2 Open,STABLE ora.racnode1.vip 1 ONLINE ONLINE racnode1 STABLE ora.racnode2.vip 1 ONLINE ONLINE racnode2 STABLE ora.scan1.vip 1 ONLINE ONLINE racnode2 STABLE ora.scan2.vip 1 ONLINE ONLINE racnode1 STABLE ora.scan3.vip 1 ONLINE ONLINE racnode1 STABLE --------------------------------------------------------------------------------

(2) 【RACノード2】クラスタ状態の確認
[oracle@racnode2 ~]$ /u01/app/12.1.0/grid/bin/crsctl status resource -t -------------------------------------------------------------------------------- Name Target State Server State details -------------------------------------------------------------------------------- Local Resources -------------------------------------------------------------------------------- ora.ASMDATA.dg ONLINE ONLINE racnode1 STABLE ONLINE ONLINE racnode2 STABLE ora.LISTENER.lsnr ONLINE ONLINE racnode1 STABLE ONLINE ONLINE racnode2 STABLE ora.asm ONLINE ONLINE racnode1 Started,STABLE ONLINE ONLINE racnode2 Started,STABLE ora.net1.network ONLINE ONLINE racnode1 STABLE ONLINE ONLINE racnode2 STABLE ora.ons ONLINE ONLINE racnode1 STABLE ONLINE ONLINE racnode2 STABLE -------------------------------------------------------------------------------- Cluster Resources -------------------------------------------------------------------------------- ora.LISTENER_SCAN1.lsnr 1 ONLINE ONLINE racnode2 STABLE ora.LISTENER_SCAN2.lsnr 1 ONLINE ONLINE racnode1 STABLE ora.LISTENER_SCAN3.lsnr 1 ONLINE ONLINE racnode1 STABLE ora.MGMTLSNR 1 ONLINE ONLINE racnode1 169.254.141.0 192.16 8.50.31,STABLE ora.cvu 1 ONLINE ONLINE racnode1 STABLE ora.mgmtdb 1 ONLINE ONLINE racnode1 Open,STABLE ora.oc4j 1 ONLINE ONLINE racnode1 STABLE ora.orcl.db 1 ONLINE ONLINE racnode1 Open,STABLE 2 ONLINE ONLINE racnode2 Open,STABLE ora.racnode1.vip 1 ONLINE ONLINE racnode1 STABLE ora.racnode2.vip 1 ONLINE ONLINE racnode2 STABLE ora.scan1.vip 1 ONLINE ONLINE racnode2 STABLE ora.scan2.vip 1 ONLINE ONLINE racnode1 STABLE ora.scan3.vip 1 ONLINE ONLINE racnode1 STABLE --------------------------------------------------------------------------------

(3) 【RACノード1】プロセス状態の確認
[oracle@racnode1 ~]$ ps -ef|grep ora_ oracle 18175 1 0 21:58 ? 00:00:00 ora_pmon_RACNODE1 oracle 18177 1 0 21:58 ? 00:00:00 ora_psp0_RACNODE1 oracle 18179 1 0 21:58 ? 00:00:14 ora_vktm_RACNODE1 oracle 18183 1 0 21:58 ? 00:00:01 ora_gen0_RACNODE1 oracle 18185 1 0 21:58 ? 00:00:01 ora_mman_RACNODE1 oracle 18189 1 0 21:58 ? 00:00:01 ora_diag_RACNODE1 oracle 18191 1 0 21:58 ? 00:00:00 ora_dbrm_RACNODE1 oracle 18193 1 0 21:58 ? 00:00:00 ora_ping_RACNODE1 oracle 18195 1 0 21:58 ? 00:00:00 ora_acms_RACNODE1 oracle 18197 1 0 21:58 ? 00:00:06 ora_dia0_RACNODE1 oracle 18199 1 0 21:58 ? 00:00:05 ora_lmon_RACNODE1 oracle 18201 1 3 21:58 ? 00:01:17 ora_lmd0_RACNODE1 oracle 18203 1 0 21:58 ? 00:00:17 ora_lms0_RACNODE1 oracle 18207 1 0 21:58 ? 00:00:00 ora_rms0_RACNODE1 oracle 18209 1 0 21:58 ? 00:00:00 ora_lmhb_RACNODE1 oracle 18211 1 1 21:58 ? 00:00:26 ora_lck1_RACNODE1 oracle 18213 1 0 21:58 ? 00:00:03 ora_dbw0_RACNODE1 oracle 18215 1 0 21:58 ? 00:00:03 ora_lgwr_RACNODE1 oracle 18217 1 0 21:58 ? 00:00:02 ora_ckpt_RACNODE1 oracle 18219 1 0 21:58 ? 00:00:00 ora_smon_RACNODE1 oracle 18221 1 0 21:58 ? 00:00:00 ora_reco_RACNODE1 oracle 18223 1 0 21:58 ? 00:00:00 ora_lreg_RACNODE1 oracle 18225 1 0 21:58 ? 00:00:00 ora_rbal_RACNODE1 oracle 18227 1 0 21:58 ? 00:00:00 ora_asmb_RACNODE1 oracle 18229 1 0 21:58 ? 00:00:04 ora_mmon_RACNODE1 oracle 18233 1 0 21:58 ? 00:00:02 ora_mmnl_RACNODE1 oracle 18235 1 0 21:58 ? 00:00:00 ora_d000_RACNODE1 oracle 18237 1 0 21:58 ? 00:00:00 ora_mark_RACNODE1 oracle 18239 1 0 21:58 ? 00:00:00 ora_s000_RACNODE1 oracle 18247 1 0 21:58 ? 00:00:02 ora_lck0_RACNODE1 oracle 18251 1 0 21:58 ? 00:00:00 ora_rsmn_RACNODE1 oracle 18273 1 0 21:58 ? 00:00:00 ora_gcr0_RACNODE1 oracle 18280 1 0 21:59 ? 00:00:00 ora_tmon_RACNODE1 oracle 18282 1 0 21:59 ? 00:00:00 ora_tt00_RACNODE1 oracle 18286 1 0 21:59 ? 00:00:00 ora_smco_RACNODE1 oracle 18288 1 0 21:59 ? 00:00:00 ora_gtx0_RACNODE1 oracle 18290 1 0 21:59 ? 00:00:00 ora_rcbg_RACNODE1 oracle 18292 1 0 21:59 ? 00:00:00 ora_aqpc_RACNODE1 oracle 18294 1 0 21:59 ? 00:00:01 ora_w000_RACNODE1 oracle 18298 1 0 21:59 ? 00:00:11 ora_p000_RACNODE1 oracle 18300 1 0 21:59 ? 00:00:07 ora_p001_RACNODE1 oracle 18302 1 0 21:59 ? 00:00:00 ora_p002_RACNODE1 oracle 18304 1 0 21:59 ? 00:00:00 ora_p003_RACNODE1 oracle 18343 1 0 21:59 ? 00:00:15 ora_cjq0_RACNODE1 oracle 18358 1 0 21:59 ? 00:00:00 ora_qm02_RACNODE1 oracle 18360 1 0 21:59 ? 00:00:00 ora_q001_RACNODE1 oracle 18362 1 0 21:59 ? 00:00:00 ora_qm05_RACNODE1 oracle 18364 1 0 21:59 ? 00:00:00 ora_q003_RACNODE1 oracle 18366 1 0 21:59 ? 00:00:02 ora_qm03_RACNODE1 oracle 18370 1 0 21:59 ? 00:00:00 ora_p004_RACNODE1 oracle 18395 1 0 21:59 ? 00:00:09 ora_ppa7_RACNODE1 oracle 18700 1 0 22:04 ? 00:00:00 ora_w001_RACNODE1 oracle 18803 1 0 22:07 ? 00:00:00 ora_w002_RACNODE1 oracle 18805 1 0 22:07 ? 00:00:00 ora_w003_RACNODE1 oracle 18899 1 0 22:09 ? 00:00:00 ora_w004_RACNODE1 oracle 18974 1 0 22:10 ? 00:00:00 ora_p005_RACNODE1 oracle 18999 1 0 22:10 ? 00:00:00 ora_w005_RACNODE1 oracle 19041 1 0 22:11 ? 00:00:00 ora_w006_RACNODE1 oracle 19066 1 0 22:11 ? 00:00:00 ora_w007_RACNODE1 oracle 19221 1 0 22:14 ? 00:00:00 ora_w008_RACNODE1 oracle 19227 1 0 22:14 ? 00:00:00 ora_w009_RACNODE1

(4) 【RACノード2】プロセス状態の確認
[oracle@racnode2 ~]$ ps -ef|grep ora_ oracle 9597 1 0 21:59 ? 00:00:00 ora_pmon_RACNODE2 oracle 9599 1 0 21:59 ? 00:00:00 ora_psp0_RACNODE2 oracle 9601 1 0 21:59 ? 00:00:14 ora_vktm_RACNODE2 oracle 9605 1 0 21:59 ? 00:00:01 ora_gen0_RACNODE2 oracle 9607 1 0 21:59 ? 00:00:00 ora_mman_RACNODE2 oracle 9611 1 0 21:59 ? 00:00:01 ora_diag_RACNODE2 oracle 9613 1 0 21:59 ? 00:00:00 ora_dbrm_RACNODE2 oracle 9615 1 0 21:59 ? 00:00:00 ora_ping_RACNODE2 oracle 9617 1 0 21:59 ? 00:00:00 ora_acms_RACNODE2 oracle 9619 1 0 21:59 ? 00:00:06 ora_dia0_RACNODE2 oracle 9621 1 0 21:59 ? 00:00:05 ora_lmon_RACNODE2 oracle 9623 1 3 21:59 ? 00:01:19 ora_lmd0_RACNODE2 oracle 9625 1 1 21:59 ? 00:00:28 ora_lms0_RACNODE2 oracle 9629 1 0 21:59 ? 00:00:00 ora_rms0_RACNODE2 oracle 9631 1 0 21:59 ? 00:00:00 ora_lmhb_RACNODE2 oracle 9635 1 1 21:59 ? 00:00:36 ora_lck1_RACNODE2 oracle 9638 1 0 21:59 ? 00:00:01 ora_dbw0_RACNODE2 oracle 9640 1 0 21:59 ? 00:00:00 ora_lgwr_RACNODE2 oracle 9642 1 0 21:59 ? 00:00:02 ora_ckpt_RACNODE2 oracle 9644 1 0 21:59 ? 00:00:00 ora_smon_RACNODE2 oracle 9646 1 0 21:59 ? 00:00:00 ora_reco_RACNODE2 oracle 9648 1 0 21:59 ? 00:00:00 ora_lreg_RACNODE2 oracle 9650 1 0 21:59 ? 00:00:00 ora_rbal_RACNODE2 oracle 9652 1 0 21:59 ? 00:00:00 ora_asmb_RACNODE2 oracle 9654 1 0 21:59 ? 00:00:03 ora_mmon_RACNODE2 oracle 9658 1 0 21:59 ? 00:00:01 ora_mmnl_RACNODE2 oracle 9660 1 0 21:59 ? 00:00:00 ora_d000_RACNODE2 oracle 9662 1 0 21:59 ? 00:00:00 ora_s000_RACNODE2 oracle 9664 1 0 21:59 ? 00:00:00 ora_mark_RACNODE2 oracle 9666 1 0 21:59 ? 00:00:00 ora_gcr0_RACNODE2 oracle 9670 1 0 21:59 ? 00:00:03 ora_lck0_RACNODE2 oracle 9672 1 0 21:59 ? 00:00:00 ora_rsmn_RACNODE2 oracle 9696 1 0 21:59 ? 00:00:00 ora_tmon_RACNODE2 oracle 9698 1 0 21:59 ? 00:00:00 ora_tt00_RACNODE2 oracle 9707 1 0 21:59 ? 00:00:00 ora_smco_RACNODE2 oracle 9709 1 0 21:59 ? 00:00:00 ora_gtx0_RACNODE2 oracle 9711 1 0 21:59 ? 00:00:00 ora_rcbg_RACNODE2 oracle 9713 1 0 21:59 ? 00:00:00 ora_aqpc_RACNODE2 oracle 9715 1 0 21:59 ? 00:00:00 ora_w000_RACNODE2 oracle 9717 1 0 21:59 ? 00:00:18 ora_p000_RACNODE2 oracle 9726 1 0 21:59 ? 00:00:06 ora_p001_RACNODE2 oracle 9728 1 0 21:59 ? 00:00:02 ora_p002_RACNODE2 oracle 9730 1 0 21:59 ? 00:00:02 ora_p003_RACNODE2 oracle 9732 1 0 21:59 ? 00:00:11 ora_ppa7_RACNODE2 oracle 9740 1 0 21:59 ? 00:00:11 ora_cjq0_RACNODE2 oracle 9778 1 0 21:59 ? 00:00:00 ora_p004_RACNODE2 oracle 9782 1 0 21:59 ? 00:00:00 ora_qm02_RACNODE2 oracle 9784 1 0 21:59 ? 00:00:00 ora_q001_RACNODE2 oracle 9786 1 0 21:59 ? 00:00:00 ora_qm05_RACNODE2 oracle 9788 1 0 21:59 ? 00:00:00 ora_q003_RACNODE2 oracle 10069 1 0 22:09 ? 00:00:00 ora_w001_RACNODE2 oracle 10079 1 0 22:09 ? 00:00:00 ora_p005_RACNODE2 oracle 10337 1 0 22:16 ? 00:00:00 ora_w002_RACNODE2 oracle 10904 10809 0 22:38 pts/0 00:00:00 grep ora_

(4) 【RACノード1】データベース接続確認
データベースに接続します。
[oracle@racnode1 ~]$ sqlplus / as sysdba SQL*Plus: Release 12.1.0.1.0 Production on 土 12月 21 23:10:10 2013 Copyright (c) 1982, 2013, Oracle. All rights reserved. Oracle Database 12c Enterprise Edition Release 12.1.0.1.0 - 64bit Production With the Partitioning, Real Application Clusters, Automatic Storage Management, OLAP, Advanced Analytics and Real Application Testing options に接続されました。

接続データベース名を確認すると、コンテナデータベースであることが分かります。
SQL> show con_name CON_NAME ------------------------------ CDB$ROOT

プラガブルデータベースに接続先を変更します。
SQL> alter session set container = pdborcl; セッションが変更されました。

接続先データベース名を確認すると、プラガブルデータベースに変更されたことが分かります。
SQL> show con_name CON_NAME ------------------------------ PDBORCL

SQL*Plusを終了します。
SQL> exit Oracle Database 12c Enterprise Edition Release 12.1.0.1.0 - 64bit Production With the Partitioning, Real Application Clusters, Automatic Storage Management, OLAP, Advanced Analytics and Real Application Testing optionsとの接続が切断されました 。

(5) 【RACノード2】データベース接続確認
データベースに接続します。
[oracle@racnode2 ~]$ sqlplus / as sysdba SQL*Plus: Release 12.1.0.1.0 Production on 土 12月 21 23:11:16 2013 Copyright (c) 1982, 2013, Oracle. All rights reserved. Oracle Database 12c Enterprise Edition Release 12.1.0.1.0 - 64bit Production With the Partitioning, Real Application Clusters, Automatic Storage Management, OLAP, Advanced Analytics and Real Application Testing options に接続されました。

接続データベース名を確認すると、コンテナデータベースであることが分かります。
SQL> show con_name CON_NAME ------------------------------ CDB$ROOT

プラガブルデータベースに接続先を変更します。
SQL> alter session set container = pdborcl; セッションが変更されました。

接続先データベース名を確認すると、プラガブルデータベースに変更されたことが分かります。
SQL> show con_name CON_NAME ------------------------------ PDBORCL

SQL*Plusを終了します。
SQL> exit Oracle Database 12c Enterprise Edition Release 12.1.0.1.0 - 64bit Production With the Partitioning, Real Application Clusters, Automatic Storage Management, OLAP, Advanced Analytics and Real Application Testing optionsとの接続が切断されました 。





以上です。




トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



前ページへ:12cRAC構築[VMWare] 8.Grid Infrastructureインストール
次ページへ:12cRAC構築[VMWare] (参考) RACインストールでORA-00845

ページのトップへ

必ずお読みください

本ブログ記事をご利用になって生じたいかなる損害についても当方は一切責任を負いません。
ご利用は自己責任でお願いします。(^―^)

広 告





ブログランキング/その他


ビジネスブログ100選

ブログランキング・にほんブログ村へ
blogramで人気ブログを分析




最新トラックバック


RSSリンクの表示

QRコード

QR

アクセスカウンター

ユニーク:
トータル:


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。