Oracle中心にIT全般の技術情報を気が向くままに書いています。他にLinux、仮想化技術(VMWare)やトラブルに役立つ情報などがあります。

スポンサーサイト12cRAC構築[VMWare] 8.Grid Infrastructureインストール


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Grid Infrastructureのインストールを行います。

-------------------------------------------------------------------------
■RAC構築 12cR1 on Oracle Linux6.4[VMWare]
1.RAC構築の全体設計
2.仮想化環境の構築
3.DNS兼NTPサーバの構築
4.Xサーバの構築
5.RACノード1構築
6.RACノード2構築(RACノード1複製)
7.ASM共有ディスク追加
8.Grid Infrastructureインストール ★今回
9.RACインストール
(参考) RACインストールでORA-00845
(参考) Grid Infrastructureインストール要件の事前チェック
(参考) oracleasm createdisk:Instantiating disk: failed


【過去記事】
(過去記事)RAC構築 11gR2 on Oracle Linux5.8[VMWare]
(過去記事)RAC構築 10gR2 on Oracle Linux5.2[VMWare]
-------------------------------------------------------------------------




Oracle Grid Infrastructureダウンロード
Oracle Grid Infrastructureは、「Oracleのサイト」から下記2ファイルをダウンロードします。

・ファイル:linuxamd64_12c_grid_1of2.zip、linuxamd64_12c_grid_2of2.zip


Oracle Grid Infrastructureインストール
ダウンロードしたGrid Infrastructureのファイルをunzipコマンドで解凍しておきます。

4.Xサーバの構築」の手順に従い、CygwinのX Win Serverにて、「xhost +」でホストOSに画面表示を許可します。

RACノード1(racnode1)にログオンし、gridユーザになります。
[root@racnode1 ~]# su - grid [grid@racnode1 ~]$

gridディレクトリに移動し、「runInstaller」を実行します。
※「5.RACノード1構築」にて、DISPLAY環境変数にホストOSのIPアドレスを指定しているため、ホストOSにインストール用画面が表示されます。
[grid@racnode1 ~]$ cd grid
[grid@racnode1 grid]$ ./runInstaller

「ソフトウェア更新のスキップ」を選択し、「次へ」ボタンをクリックします。


「クラスタ用のOracle Grid Infrastructureのインストールおよび構成」を選択し、「次へ」ボタンをクリックします。


「標準クラスタの構成」を選択し、「次へ」ボタンをクリックします。


「拡張インストール」を選択し、「次へ」ボタンをクリックします。


「次へ」ボタンをクリックします。


下記のように入力し、「次へ」ボタンをクリックします。
 ・クラスタ名:raccluster
 ・SCAN名:racsv.sakusaku.jp
 ・SCANポート:1521
 ・GNSの構成:チェックを外す
  ※今回はGNS構成を行いません。


racnode2の情報を追加するため、「追加」ボタンをクリックします。


下記のように入力し、「OK」ボタンをクリックします。
 ・パブリック・ホスト名:racnode2.sakusaku.jp
 ・仮想ホスト名:racnode2-vip.sakusaku.jp


「SSH接続」ボタンをクリックします。


OSパスワードを入力し、「設定」ボタンをクリックします。


SSH接続確立が成功したメッセージが表示されるので、「OK」ボタンをクリックします。


「次へ」ボタンをクリックします。


下記のように選択し、「次へ」ボタンをクリックします。
 ・eth0の用途:パブリック
 ・eth1の用途:プライベート
  ※今回はFlex ASMを利用しないため、プライベートを選択します。


グリッド・インフラストラクチャ管理リポジトリを構成するため、「はい」を選択し、「次へ」ボタンをクリックします。


「標準のASMを記憶域として使用」を選択し、「次へ」ボタンをクリックします。


下記のように入力し、「次へ」ボタンをクリックします。
 ・ディスク・グループ名:ASMDATA
 ・冗長性:外部
  ※ASMの機能でも冗長化を図れますが、ストレージのRAIDを利用するのが一般的だと思いますので、通常は外部になると思われます。
 ・ORCL:ASMDATA1にチェック


「これらのアカウントごとに、同じパスワードを使用」を選択し、パスワードを入力し、「次へ」ボタンをクリックします。


パスワード強度が不足しているなど警告メッセージが出る場合がありますが、問題がなければ、「はい」ボタンをクリックします。


「Intelligent Platform Management Interface(IPMI)を使用しない」を選択し、「次へ」ボタンをクリックします。


下記状態であることを確認し、「次へ」ボタンをクリックします。
 ・Oracle ASM管理者グループ:asmadmin
 ・Oracle ASM DBAグループ:asmdba
 ・ORACLE ASMオペレータグループ:選択なし


下記のように入力し、「次へ」ボタンをクリックします。
 ・Oracleベース:/u01/app/grid
 ・ソフトウェアの場所:/u01/app/12.1.0/grid


下記のように入力し、「次へ」ボタンをクリックします。
 ・インベントリ・ディレクトリ:/u01/app/oraInventory


12cから、rootユーザで実行する構成スクリプトを自動実行できるようになりました。
せっかくなので、自動実行してみたいと思います。
下記のように入力し、「次へ」ボタンをクリックします。
 ・構成スクリプトを自動的に実行:チェック
 ・rootユーザーの資格証明を使用:選択
 ・パスワード:rootユーザのパスワード


インストール要件のチェックが行われ、いくつかの項目で警告および失敗のステータスとなりました。
「修正および再チェック」ボタンをクリックします。


下記画面が表示されますが、画面を表示したままにしておき、指示通りスクリプトの実行を行います。
※この時点で「OK」ボタンはクリックしないでください。


RACノード1(racnode1)にrootユーザでログインし、修正スクリプトを実行します。
[root@racnode1 ~]# /tmp/CVU_12.1.0.1.0_grid/runfixup.sh All Fix-up operations were completed successfully.

RACノード2(racnode2)にrootユーザでログインし、修正スクリプトを実行します。
[root@racnode2 ~]# /tmp/CVU_12.1.0.1.0_grid/runfixup.sh All Fix-up operations were completed successfully.

上記の修正スクリプト実行後、「OK」ボタンをクリックします。


再びインストール要件のチェックが行われ、大部分の警告およびエラーが解消されました。
しかし、「物理メモリー」の警告だけが残っていますが、Grid Infrastructureの要件が4GBですが、メモリが4GBないため、警告となっているものです。
VMWareのゲストOSには4GB割り当てたのですが、OSが認識するメモリに若干の誤差があるため、不足していると判定されました。
VMWareゲストOSのメモリ割り当てにて、4GBに少し余裕をもって割り当てすると本警告が出なくなります。
この警告は無視しても構わないので、「すべて無視」にチェックし、「次へ」ボタンをクリックします。


「はい」ボタンをクリックします。


「インストール」ボタンをクリックします。


「はい」ボタンをクリックします。


インストールが完了し、下記画面が表示されるので、「閉じる」ボタンをクリックします。



Oracle Grid Infrastructureの状態確認
Oracle Grid Infrastructureの状態確認を行い、インストールが正しく行われたことを確認します。
[grid@racnode1 ~]$ /u01/app/12.1.0/grid/bin/crsctl status resource -t -------------------------------------------------------------------------------- Name Target State Server State details -------------------------------------------------------------------------------- Local Resources -------------------------------------------------------------------------------- ora.ASMDATA.dg ONLINE ONLINE racnode1 STABLE ONLINE ONLINE racnode2 STABLE ora.LISTENER.lsnr ONLINE ONLINE racnode1 STABLE ONLINE ONLINE racnode2 STABLE ora.asm ONLINE ONLINE racnode1 Started,STABLE ONLINE ONLINE racnode2 Started,STABLE ora.net1.network ONLINE ONLINE racnode1 STABLE ONLINE ONLINE racnode2 STABLE ora.ons ONLINE ONLINE racnode1 STABLE ONLINE ONLINE racnode2 STABLE -------------------------------------------------------------------------------- Cluster Resources -------------------------------------------------------------------------------- ora.LISTENER_SCAN1.lsnr 1 ONLINE ONLINE racnode2 STABLE ora.LISTENER_SCAN2.lsnr 1 ONLINE ONLINE racnode1 STABLE ora.LISTENER_SCAN3.lsnr 1 ONLINE ONLINE racnode1 STABLE ora.MGMTLSNR 1 ONLINE ONLINE racnode1 169.254.141.0 192.16 8.50.31,STABLE ora.cvu 1 ONLINE ONLINE racnode1 STABLE ora.mgmtdb 1 ONLINE ONLINE racnode1 Open,STABLE ora.oc4j 1 ONLINE ONLINE racnode1 STABLE ora.racnode1.vip 1 ONLINE ONLINE racnode1 STABLE ora.racnode2.vip 1 ONLINE ONLINE racnode2 STABLE ora.scan1.vip 1 ONLINE ONLINE racnode2 STABLE ora.scan2.vip 1 ONLINE ONLINE racnode1 STABLE ora.scan3.vip 1 ONLINE ONLINE racnode1 STABLE --------------------------------------------------------------------------------




以上です。




トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



前ページへ:12cRAC構築[VMWare] 7.ASM共有ディスク追加
次ページへ:12cRAC構築[VMWare] 9.RACインストール

ページのトップへ

必ずお読みください

本ブログ記事をご利用になって生じたいかなる損害についても当方は一切責任を負いません。
ご利用は自己責任でお願いします。(^―^)

広 告





ブログランキング/その他


ビジネスブログ100選

ブログランキング・にほんブログ村へ
blogramで人気ブログを分析




最新トラックバック


RSSリンクの表示

QRコード

QR

アクセスカウンター

ユニーク:
トータル:


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。