Oracle中心にIT全般の技術情報を気が向くままに書いています。他にLinux、仮想化技術(VMWare)やトラブルに役立つ情報などがあります。

スポンサーサイト12cRAC構築[VMWare] 4.Xサーバの構築


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
OracleソフトウェアのインストールにはXサーバ環境が必須となっています。
OracleサーバへXサーバ環境をインストールしても良いのですが、Oracleサーバは最小限の構成とするため、サーバのインストールを行いません。

今回はXサーバ環境をホストOS上に作成します。
1.RAC構築の全体設計」にも記載しましたが、DNSサーバがXサーバを兼ねても良いのですが、ブログ用に画面をキャプチャしやすいホスト機をXサーバとして設定します。

-------------------------------------------------------------------------
■RAC構築 12cR1 on Oracle Linux6.4[VMWare]
1.RAC構築の全体設計
2.仮想化環境の構築
3.DNS兼NTPサーバの構築
4.Xサーバの構築 ★今回
5.RACノード1構築
6.RACノード2構築(RACノード1複製)
7.ASM共有ディスク追加
8.Grid Infrastructureインストール
9.RACインストール
(参考) RACインストールでORA-00845
(参考) Grid Infrastructureインストール要件の事前チェック
(参考) oracleasm createdisk:Instantiating disk: failed


【過去記事】
(過去記事)RAC構築 11gR2 on Oracle Linux5.8[VMWare]
(過去記事)RAC構築 10gR2 on Oracle Linux5.2[VMWare]
-------------------------------------------------------------------------




Xサーバソフトの選定
Windows上で動作するXサーバとして、Xmingとcygwinで迷いましたが、cygwinを利用することとしました。
理由は、Xアプリケーションの終了時に、下記のように「Xming.exeは動作を停止しました」のエラーが出て、Xmingが異常終了してしまうからです。


上記エラーの原因は不明ですが、cygwinを利用することとしました。


cygwinのインストール
cygwin/Xのサイトより、「setup-x86_64.exe」ファイルをダウンロードします。

ダウンロードしたファイルをダブルクリックして起動します。


「次へ」ボタンをクリックします。


「次へ」ボタンをクリックします。


「Root Directory」にインストールするフォルダを選択し、「次へ」ボタンをクリックします。


パッケージをダウンロードするフォルダを「Local Package Directory」に選択し、「次へ」ボタンをクリックします。


「次へ」ボタンをクリックします。


近い場所を選択します。今回は「ftp://ftp.iij.ad.jp」を選択し、「次へ」ボタンをクリックします。


「X11」の文字をクリックし、「Default」から「Install」に変更されたことを確認し、「次へ」ボタンをクリックします。


「次へ」ボタンをクリックします。


インストールがはじまるので暫く待ちます。


私の環境では、インストールが完了せず、再実行するか求められました。
ダウンロード先フォルダを確認したらダウンロードされていたようだったので、「いいえ」を選択しました。
通常は、再実行した方が良いと思います。


「完了」ボタンをクリックします。



Xサーバ環境の動作確認
(1) Xサーバ動作確認用ツールインストール
3.DNS兼NTPサーバの構築」で構築したDNSサーバに、Xサーバの動作確認のため、「xclock」をインストールします。
[root@dnssv ~]# yum -y install xclock ol6_UEK_latest | 1.2 kB 00:00 ~ Complete!

(2) Xサーバ環境の表示許可設定
ホストOSにてXアプリケーションの表示許可を行います。

スタートメニューから、「Cygwin-X=>XWin Server」をクリックします。


開いたコンソール画面で、「xhost +」、「exit」と入力して、Xアプリケーションの表示許可後、コンソール画面を閉じます。


(3) Xアプリケーションの表示
DNSサーバでXアプリケーションを起動し、ホストOSに表示してみます。

ディスプレイの設定で、ホストOSのIPアドレスを指定します。
[root@dnssv ~]# export DISPLAY=192.168.0.13:0.0

Xアプリケーションを起動します。
[root@dnssv ~]# xclock & [1] 1324

ホストOSに下記のXClock画面が表示されることを確認します。






以上です。




トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



前ページへ:12cRAC構築[VMWare] 3.DNS兼NTPサーバの構築
次ページへ:12cRAC構築[VMWare] 5.RACノード1構築

ページのトップへ

必ずお読みください

本ブログ記事をご利用になって生じたいかなる損害についても当方は一切責任を負いません。
ご利用は自己責任でお願いします。(^―^)

広 告





ブログランキング/その他


ビジネスブログ100選

ブログランキング・にほんブログ村へ
blogramで人気ブログを分析




最新トラックバック


RSSリンクの表示

QRコード

QR

アクセスカウンター

ユニーク:
トータル:


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。