Oracle中心にIT全般の技術情報を気が向くままに書いています。他にLinux、仮想化技術(VMWare)やトラブルに役立つ情報などがあります。

スポンサーサイト12cRAC構築[VMWare] 2.仮想化環境の構築


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Windows 8.1pro上にRAC構築用に仮想化環境を作成します。

-------------------------------------------------------------------------
■RAC構築 12cR1 on Oracle Linux6.4[VMWare]
1.RAC構築の全体設計
2.仮想化環境の構築 ★今回
3.DNS兼NTPサーバの構築
4.Xサーバの構築
5.RACノード1構築
6.RACノード2構築(RACノード1複製)
7.ASM共有ディスク追加
8.Grid Infrastructureインストール
9.RACインストール
(参考) RACインストールでORA-00845
(参考) Grid Infrastructureインストール要件の事前チェック
(参考) oracleasm createdisk:Instantiating disk: failed


【過去記事】
(過去記事)RAC構築 11gR2 on Oracle Linux5.8[VMWare]
(過去記事)RAC構築 10gR2 on Oracle Linux5.2[VMWare]
-------------------------------------------------------------------------




Hyper-Vの無効化
ホストOSに利用するWindows 8.1 proは、デフォルトでMicrosoft社製の仮想化ソフトHyper-Vが有効になっています。
Hyper-Vと今回利用するVMWare Playerは共存できないため、Hyper-Vの無効化を行います。

Hyper-Vの無効化は、コマンドプロンプトから下記コマンドを実行し、コンピュータを再起動するだけです。
bcdedit /set hypervisorlaunchtype off

参考として、再びHyper-Vを有効化するには下記コマンドを実行し、コンピュータを再起動します。
(今回は本手順は不要です。)
(参考)bcdedit /set hypervisorlaunchtype auto


VMWare Playerのインストール
(1) VMWare Playerのダウンロード
VMWareのサイトより、VMWare Playerをダウンロードしてください。

今回インストールするVMWare Playerのバージョンは、V6.0.0です。
・ダウンロードしたファイル:VMware-player-6.0.0-1295980.exe

(2) VMWare Playerのインストール
VMWare Playerのインストールは、いろいろなサイトで解説されていますので、そちらを参考にしてください。
・参考サイト:VMware Playerの導入からOSインストール(sysprep)までのチュートリアル解説


VMWare ESXiのインストール
1.RAC構築の全体設計」に記載した通り、RAC構築では共有ディスクが必要であり、VMWare Playerではサポートされないため、共有ディスクを利用可能なVMWare ESXiをVMWare Player上にインストールします。

(1) VMWare ESXiのダウンロード
VMWareのサイトより、VMWare ESXiをダウンロードしてください。

今回インストールするVMWare ESXiのバージョンは、V5.5.0です。
・ダウンロードしたファイル:VMware-VMvisor-Installer-5.5.0-1331820.x86_64.iso

(2) VMWare ESXiインストールのためのVMWare Player設定
VMWare Playerを起動し、「新規仮想マシンの作成」をクリックします。


「インストーラディスクイメージファイル」を選択し、「参照」ボタンにて、ダウンロードしたVMWare ESXiのISOファイルを選択し、「次へ」ボタンをクリックします。


「仮想マシン名」および「場所」を任意で入力し、「次へ」ボタンをクリックします。


ディスクサイズをRACノード2台分が入るサイズ(今後の拡張性などを勘案し、余裕の200GBを設定)を入力します。
「仮想ディスクを単一ファイルとして格納」の選択は任意です。
「次へ」ボタンをクリックします。


「ハードウェアをカスタマイズ」ボタンをクリックします。


「この仮想マシンのメモリ」に「10240」MB(10GB)を入力します。
Grid Infrastructureの要件が4GB以上であるため、RACノード2台で8GBが必要です。
今回はESXiのメモリ容量を2GBと想定し、10GBを割り当てています。
メモリが不足しているマシンの場合は、必ずしも10GB必要ではないと思います。
「プロセッサ」リストをクリックします。


「プロセッサコアの数」を選択します。
今回は余裕を見て「3」を指定しましたが、「2」でも良いと思います。
「ネットワークアダプタ」リストをクリックします。


「ネットワーク接続」にて、「NAT」のままでも良いのですが、今回は「ブリッジ」を選択します。
「パワーオン時に接続」チェックボックスがONになっていることを確認し、「閉じる」ボタンをクリックします。


「完了」ボタンをクリックします。


(3) VMWare ESXiインストール
「(2) VMWare ESXiインストールのためのVMWare Player設定」実施後、自動的に「ESXi」のインストール画面が起動します。
Enterキーを押します。


インストーラが起動するので暫く待ちます。


Enterキーを押します。


エンドユーザライセンスの同意が求められるので、F11キー(同意)を押します。


インストールディスクの選択画面ですが、今回はインストールディスクが1つしかないため、そのままEnterキーを押します。


「Japanese」を選択し、Eneterキーを押します。


root用のパスワードを2回入力し、Enterキーを押します。


F11キーを押し、インストールを開始します。


インストール完了画面が表示されるため、Enterキーを押して、リブートを行います。


(4) VMWare ESXiのネットワーク設定
起動画面にて、F2キーを押します。


ユーザ名「root」とパスワードを入力します。


「Configure Management Network」を選択し、Enterキーを押します。


「IP Configuration」を選択し、Enterキーを押します。


IPアドレス、サブネットマスク、デフォルトゲートウェイを入力し、Enterキーを押します。


ESCキーを押します。


設定を保存するか確認されるので、Yキーを押します。


ESCキーを押して、設定を完了します。



VMWare vShere Clientのインストール
VMWare ESXiの設定を行うためのツール「vShere Client」のインストールを行います。

(1) VMWare vShere Clientのダウンロード
VMWareのサイトより、VMWare vShere Clientをダウンロードしてください。

今回インストールするVMWare vShere Clientのバージョンは、V5.5.0です。
・ダウンロードしたファイル:VMware-viclient-all-5.5.0-1281650.exe

(2) VMWare vShere Clientのインストール
ダウンロードしたファイルを起動し、下記画面が表示されるので、「日本語」を選択し、「OK」ボタンをクリックします。


「次へ」ボタンをクリックします。


「使用許諾契約書に同意します」を選択し、「次へ」ボタンをクリックします。


「次へ」ボタンをクリックします。


「インストール」ボタンをクリックします。


「終了」ボタンをクリックします。


(3) VMWare vShere ClientによるESXiライセンスキー登録
インストールしたVMware vshere clientのアイコンをクリックし、下記の画面を表示します。
IPアドレス、ユーザー名、パスワードを入力し、「ログイン」ボタンをクリックします。


「無視」ボタンをクリックします。


「OK」ボタンをクリックします。


vshere clientが起動するので、「インベントリ」アイコンを開きます。


「構成」タブの「ライセンス」の「ライセンス機能」をクリックします。


「編集」リンクをクリックします。


「このホストに新規のライセンスキーを割り当てる」を選択し、「キーを入力」ボタンをクリックします。


VMWareのサイトからダウンロード時に入手したライセンスキーを入力し、「OK」ボタンをクリックします。


「OK」ボタンをクリックします。これでライセンスキーが登録されました。


<参考リンク>
WindowsにVMware Playerをインストールし仮想化する




以上です。




トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



前ページへ:12cRAC構築[VMWare] 1.RAC構築の全体設計
次ページへ:12cRAC構築[VMWare] 3.DNS兼NTPサーバの構築

ページのトップへ

必ずお読みください

本ブログ記事をご利用になって生じたいかなる損害についても当方は一切責任を負いません。
ご利用は自己責任でお願いします。(^―^)

広 告





ブログランキング/その他


ビジネスブログ100選

ブログランキング・にほんブログ村へ
blogramで人気ブログを分析




最新トラックバック


RSSリンクの表示

QRコード

QR

アクセスカウンター

ユニーク:
トータル:


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。