Oracle中心にIT全般の技術情報を気が向くままに書いています。他にLinux、仮想化技術(VMWare)やトラブルに役立つ情報などがあります。

スポンサーサイトMoveFileで削除できないファイルを削除する


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
下記のようなエラーが出てファイルを削除できない場合があります。

別のプログラムがこのファイルを開いているので操作を完了できません。
ファイルを閉じてから再実行してください。


以前、「Process Explorerでファイルを掴んでいるプロセスを特定する」にて、ファイルを消せない場合はファイルをロックしているプロセスを特定して、プロセスを終了すれば削除できる方法を記載しました。

しかし、他にも削除する方法があります。

Windows Sysinternalsツールである「MoveFile」というツールを使えば、サービスパック適用時などと同様に、削除の予約だけして次回のOS起動時に削除することが可能です。


(1)ファイルが削除できない!
今回の例では、"lockfile.txt"というファイルを削除しようとして、エラーが発生しています。


(2)MoveFileのダウンロード
下記サイトからMoveFileとPendMovesをセットでダウンロードして解凍します。
 ・http://technet.microsoft.com/ja-jp/sysinternals/bb897556

(3)削除の予約を行う
解凍した"MoveFile"について、コマンドプロンプトから下記のように実行して削除の予約を行います。
第2引数は移動先になりますが、""を指定すると削除の扱いになり、ファイル名を指定すると移動になります。
E:\app\sysinternals\PendMoves>movefile.exe E:\lockfile.txt ""

Movefile v1.0 - copies over an in-use file at boot time
Move successfully scheduled.

(4)削除待ち状況の確認
解凍した"PendMoves"について、コマンドプロンプトから下記のように実行して削除待ちの状況を確認します。
E:\app\sysinternals\PendMoves>pendmoves.exe

PendMove v1.1
Copyright (C) 2004 Mark Russinovich
Sysinternals - wwww.sysinternals.com

Source: E:\lockfile.txt
Target: DELETE

Time of last update to pending moves key: 2012/07/01 20:14

(5)ファイルの削除
パソコンを再起動することでファイルが削除されます。




以上です。




トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



前ページへ:AutorunsでWindows起動時のプログラム一覧を表示する
次ページへ:TcpViewでネットワーク接続状態をリアルタイムで確認する

ページのトップへ

必ずお読みください

本ブログ記事をご利用になって生じたいかなる損害についても当方は一切責任を負いません。
ご利用は自己責任でお願いします。(^―^)

広 告





ブログランキング/その他


ビジネスブログ100選

ブログランキング・にほんブログ村へ
blogramで人気ブログを分析




最新トラックバック


RSSリンクの表示

QRコード

QR

アクセスカウンター

ユニーク:
トータル:


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。