Oracle中心にIT全般の技術情報を気が向くままに書いています。他にLinux、仮想化技術(VMWare)やトラブルに役立つ情報などがあります。

スポンサーサイトRAC構築 11gR2 on Oracle Linux5.8[VMWare] (11)RAC用データベース作成


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
RAC構築 11gR2 on Oracle Linux5.8[VMWare]
(1)全体設計
(2)OSインストール
(3)VMWare Toolsインストール(任意)
(4)OS設定
(5)NTP環境構築
(6)ASM用共有ディスク追加
(7)ユーザ設定その他
(8)ゲストOS複製(RACノード2作成)
(9)Grid Infrastructureインストール
(10)Oracleソフトウェアインストール
(11)RAC用データベース作成
【参考】このディスクが依存するスナップショットディスクを開くことができません
【参考】Timed out waiting for the CRS stack to start
【参考】ゲストOSが突然フリーズする
【参考】root.shエラー時に再実行する


DBCAを使用してRAC用データベースの作成を行います。

環境変数の設定
※本作業は、RACノード1(11gR2RAC01)とRACノード2(11gR2RAC02)の両方で実施します。
(1) 環境変数の設定
oracleユーザで再ログインし、ホームディレクトリの.bash_profileファイルに下記の行を追記します。

■RACノード1(11gR2RAC01)とRACノード2(11gR2RAC02)の両方で追記
ORACLE_HOME=/u01/app/oracle/product/11.2.0/dbhome_1
NLS_LANG=Japanese_Japan.AL32UTF8
PATH=${PATH}:$ORACLE_HOME/bin
export ORACLE_HOME NLS_LANG PATH

(2) 環境変数の設定確認
oracleユーザでログオンし、envコマンドで環境変数が設定されていることを確認します。
※環境変数ORACLE_SIDとORACLE_BASEは、「(10)Oracleソフトウェアインストール」にて事前に設定した情報です。

■RACノード1(11gR2RAC01)の場合
[oracle@11gR2RAC01 ~]$ env|grep ORA
ORACLE_SID=RACSV1
ORACLE_BASE=/u01/app/oracle
ORACLE_HOME=/u01/app/oracle/product/11.2.0/dbhome_1
[oracle@11gR2RAC01 ~]$ env|grep PATH
PATH=/usr/kerberos/bin:/usr/local/bin:/bin:/usr/bin:/home/oracle/bin:/u01/app/oracle/product/11.2.0/dbhome_1/bin
[oracle@11gR2RAC01 ~]$ env|grep NLS_LANG
NLS_LANG=Japanese_Japan.AL32UTF8

■RACノード2(11gR2RAC02)の場合
[oracle@11gR2RAC02 ~]$ env|grep ORA
ORACLE_SID=RACSV2
ORACLE_BASE=/u01/app/oracle
ORACLE_HOME=/u01/app/oracle/product/11.2.0/dbhome_1
[oracle@11gR2RAC02 ~]$ env|grep PATH
PATH=/usr/kerberos/bin:/usr/local/bin:/bin:/usr/bin:/home/oracle/bin:/u01/app/oracle/product/11.2.0/dbhome_1/bin
[oracle@11gR2RAC02 ~]$ env|grep NLS_LANG
NLS_LANG=Japanese_Japan.AL32UTF8


RAC用データベース作成
(1) Database Configuration Assistant(DBCA)起動
ディスプレイ表示を許可します。
今回は、VMWareのコンソールで作業をするため、DISPLAY変数の設定は行いません。
[root@11gR2RAC01 ~]# xhost +
access control disabled, clients can connect from any host

Oracleユーザでログインします。
[root@11gR2RAC01 ~]# su - oracle

dbcaコマンドを実行します。
[oracle@11gR2RAC01 ~]$ dbca

(2) DBAによるRAC用データベース作成
"Oracle Real Application Clustersデータベース"を選択して次へをクリックします。


"データベースの作成"を選択して次へをクリックします。


"カスタム・データベース"を選択して次へをクリックします。


"グローバル・データベース名"と"SID接頭辞"に"RACSV"と入力し、"すべて選択"ボタンですべてのノードを選択し、次へをクリックします。


Enterprise Managerタブでは、Enterprise Manager構成が今回は不要なのでチェックボックスを外します。


自動メンテナンス・タスクタブでは、デフォルトのままとし、次へをクリックします。


パスワードを入力して、次へをクリックします。


下記の画面が表示された場合は、はいをクリックします。


デフォルトのまま次へをクリックします。


今回は不要なので"フラッシュ・リカバリ領域の指定"のチェックをオフにして次へをクリックします。


データベース・コンポーネントタブでは、今回は全てのチェックボックスを外して、標準データベース・コンポーネントをクリックします。


今回は全てのチェックボックスを外してOKをクリックします。


カスタム・スクリプトタブでは、デフォルトのままとし、次へをクリックします。


メモリータブは、デフォルトのままとします。


サイズ指定タブは、デフォルトのままとします。


キャラクタ・セットタブは、今回は"Unicode(AL32UTF8)を使用"を選択します。


接続モードタブは、デフォルトのままとし、次へをクリックします。


次へをクリックします。


完了をクリックします。


OKをクリックするとデータベースの作成処理が開始します。


終了をクリックします。



インストール結果確認
(1) クラスタ状態の確認
rootユーザでログインし、crsctlコマンドでクラスタ状態の確認を行い、サービスが起動していることを確認します。

■RACノード1(11gR2RAC01)
[root@11gR2RAC01 tmp]# /u01/app/11.2.0/grid/bin/crsctl status resource -t
--------------------------------------------------------------------------------
NAME           TARGET  STATE        SERVER                   STATE_DETAILS
--------------------------------------------------------------------------------
Local Resources
--------------------------------------------------------------------------------
ora.ASMDATA.dg
               ONLINE  ONLINE       11gr2rac01
               ONLINE  ONLINE       11gr2rac02
ora.LISTENER.lsnr
               ONLINE  ONLINE       11gr2rac01
               ONLINE  ONLINE       11gr2rac02
ora.asm
               ONLINE  ONLINE       11gr2rac01               Started
               ONLINE  ONLINE       11gr2rac02               Started
ora.eons
               ONLINE  ONLINE       11gr2rac01
               ONLINE  ONLINE       11gr2rac02
ora.gsd
               OFFLINE OFFLINE      11gr2rac01
               OFFLINE OFFLINE      11gr2rac02
ora.net1.network
               ONLINE  ONLINE       11gr2rac01
               ONLINE  ONLINE       11gr2rac02
ora.ons
               ONLINE  ONLINE       11gr2rac01
               ONLINE  ONLINE       11gr2rac02
--------------------------------------------------------------------------------
Cluster Resources
--------------------------------------------------------------------------------
ora.11gr2rac01.vip
      1        ONLINE  ONLINE       11gr2rac01
ora.11gr2rac02.vip
      1        ONLINE  ONLINE       11gr2rac02
ora.LISTENER_SCAN1.lsnr
      1        ONLINE  ONLINE       11gr2rac01
ora.oc4j
      1        OFFLINE OFFLINE
ora.racsv.db
      1        ONLINE  ONLINE       11gr2rac01               Open
      2        ONLINE  ONLINE       11gr2rac02               Open
ora.scan1.vip
      1        ONLINE  ONLINE       11gr2rac01

■RACノード2(11gR2RAC02)
[root@11gR2RAC02 dbhome_1]# /u01/app/11.2.0/grid/bin/crsctl status resource -t
--------------------------------------------------------------------------------
NAME           TARGET  STATE        SERVER                   STATE_DETAILS
--------------------------------------------------------------------------------
Local Resources
--------------------------------------------------------------------------------
ora.ASMDATA.dg
               ONLINE  ONLINE       11gr2rac01
               ONLINE  ONLINE       11gr2rac02
ora.LISTENER.lsnr
               ONLINE  ONLINE       11gr2rac01
               ONLINE  ONLINE       11gr2rac02
ora.asm
               ONLINE  ONLINE       11gr2rac01               Started
               ONLINE  ONLINE       11gr2rac02               Started
ora.eons
               ONLINE  ONLINE       11gr2rac01
               ONLINE  ONLINE       11gr2rac02
ora.gsd
               OFFLINE OFFLINE      11gr2rac01
               OFFLINE OFFLINE      11gr2rac02
ora.net1.network
               ONLINE  ONLINE       11gr2rac01
               ONLINE  ONLINE       11gr2rac02
ora.ons
               ONLINE  ONLINE       11gr2rac01
               ONLINE  ONLINE       11gr2rac02
--------------------------------------------------------------------------------
Cluster Resources
--------------------------------------------------------------------------------
ora.11gr2rac01.vip
      1        ONLINE  ONLINE       11gr2rac01
ora.11gr2rac02.vip
      1        ONLINE  ONLINE       11gr2rac02
ora.LISTENER_SCAN1.lsnr
      1        ONLINE  ONLINE       11gr2rac01
ora.oc4j
      1        OFFLINE OFFLINE
ora.racsv.db
      1        ONLINE  ONLINE       11gr2rac01               Open
      2        ONLINE  ONLINE       11gr2rac02               Open
ora.scan1.vip
      1        ONLINE  ONLINE       11gr2rac01

(2) プロセス状態の確認
psコマンドでプロセスの一覧を表示します。

■RACノード1(11gR2RAC01)
[root@11gR2RAC01 tmp]# ps -ef|grep ora_
oracle    5295     1  0 10:02 ?        00:00:00 ora_pmon_RACSV1
oracle    5299     1  0 10:02 ?        00:00:01 ora_vktm_RACSV1
oracle    5305     1  0 10:02 ?        00:00:00 ora_gen0_RACSV1
oracle    5310     1  0 10:02 ?        00:00:00 ora_diag_RACSV1
oracle    5315     1  0 10:02 ?        00:00:00 ora_dbrm_RACSV1
oracle    5319     1  0 10:02 ?        00:00:00 ora_ping_RACSV1
oracle    5323     1  0 10:02 ?        00:00:00 ora_psp0_RACSV1
oracle    5328     1  0 10:02 ?        00:00:00 ora_acms_RACSV1
oracle    5334     1  0 10:02 ?        00:00:04 ora_dia0_RACSV1
oracle    5338     1  0 10:02 ?        00:00:01 ora_lmon_RACSV1
oracle    5353     1  0 10:02 ?        00:00:01 ora_lmd0_RACSV1
oracle    5357     1  0 10:02 ?        00:00:03 ora_lms0_RACSV1
oracle    5363     1  0 10:02 ?        00:00:00 ora_rms0_RACSV1
oracle    5367     1  0 10:02 ?        00:00:00 ora_lmhb_RACSV1
oracle    5371     1  0 10:02 ?        00:00:00 ora_mman_RACSV1
oracle    5378     1  0 10:02 ?        00:00:00 ora_dbw0_RACSV1
oracle    5382     1  0 10:02 ?        00:00:00 ora_lgwr_RACSV1
oracle    5386     1  0 10:02 ?        00:00:00 ora_ckpt_RACSV1
oracle    5390     1  0 10:02 ?        00:00:00 ora_smon_RACSV1
oracle    5403     1  0 10:02 ?        00:00:00 ora_reco_RACSV1
oracle    5407     1  0 10:02 ?        00:00:00 ora_rbal_RACSV1
oracle    5411     1  0 10:02 ?        00:00:00 ora_asmb_RACSV1
oracle    5415     1  0 10:02 ?        00:00:00 ora_mmon_RACSV1
oracle    5424     1  0 10:02 ?        00:00:00 ora_mmnl_RACSV1
oracle    5436     1  0 10:02 ?        00:00:00 ora_mark_RACSV1
oracle    5478     1  0 10:02 ?        00:00:01 ora_lck0_RACSV1
oracle    5482     1  0 10:02 ?        00:00:00 ora_rsmn_RACSV1
oracle    5588     1  0 10:02 ?        00:00:00 ora_gtx0_RACSV1
oracle    5592     1  0 10:02 ?        00:00:00 ora_rcbg_RACSV1
oracle    5596     1  0 10:02 ?        00:00:00 ora_qmnc_RACSV1
oracle    5655     1  0 10:02 ?        00:00:00 ora_cjq0_RACSV1
oracle    5685     1  0 10:02 ?        00:00:00 ora_q000_RACSV1
oracle    5689     1  0 10:02 ?        00:00:00 ora_q001_RACSV1
oracle    5920     1  0 10:12 ?        00:00:00 ora_pz99_RACSV1
oracle    5925     1  0 10:12 ?        00:00:00 ora_smco_RACSV1
oracle    5930     1  0 10:12 ?        00:00:00 ora_w000_RACSV1
root      6047  6110  0 10:18 pts/1    00:00:00 grep ora_

■RACノード2(11gR2RAC02)
[root@11gR2RAC02 dbhome_1]# ps -ef|grep ora_
oracle    2819     1  0 10:03 ?        00:00:00 ora_pmon_RACSV2
oracle    2823     1  0 10:03 ?        00:00:01 ora_vktm_RACSV2
oracle    2829     1  0 10:03 ?        00:00:00 ora_gen0_RACSV2
oracle    2833     1  0 10:03 ?        00:00:00 ora_diag_RACSV2
oracle    2837     1  0 10:03 ?        00:00:00 ora_dbrm_RACSV2
oracle    2841     1  0 10:03 ?        00:00:00 ora_ping_RACSV2
oracle    2845     1  0 10:03 ?        00:00:00 ora_psp0_RACSV2
oracle    2849     1  0 10:03 ?        00:00:00 ora_acms_RACSV2
oracle    2853     1  0 10:03 ?        00:00:04 ora_dia0_RACSV2
oracle    2857     1  0 10:03 ?        00:00:01 ora_lmon_RACSV2
oracle    2861     1  0 10:03 ?        00:00:01 ora_lmd0_RACSV2
oracle    2865     1  0 10:03 ?        00:00:02 ora_lms0_RACSV2
oracle    2871     1  0 10:03 ?        00:00:00 ora_rms0_RACSV2
oracle    2875     1  0 10:03 ?        00:00:00 ora_lmhb_RACSV2
oracle    2879     1  0 10:03 ?        00:00:01 ora_mman_RACSV2
oracle    2883     1  0 10:03 ?        00:00:00 ora_dbw0_RACSV2
oracle    2887     1  0 10:03 ?        00:00:00 ora_lgwr_RACSV2
oracle    2892     1  0 10:03 ?        00:00:00 ora_ckpt_RACSV2
oracle    2896     1  0 10:03 ?        00:00:00 ora_smon_RACSV2
oracle    2900     1  0 10:03 ?        00:00:00 ora_reco_RACSV2
oracle    2904     1  0 10:03 ?        00:00:00 ora_rbal_RACSV2
oracle    2908     1  0 10:03 ?        00:00:00 ora_asmb_RACSV2
oracle    2912     1  0 10:03 ?        00:00:01 ora_mmon_RACSV2
oracle    2916     1  0 10:03 ?        00:00:00 ora_mmnl_RACSV2
oracle    2930     1  0 10:03 ?        00:00:01 ora_lck0_RACSV2
oracle    2938     1  0 10:03 ?        00:00:00 ora_rsmn_RACSV2
oracle    3074     1  0 10:05 ?        00:00:00 ora_mark_RACSV2
oracle    3130     1  0 10:05 ?        00:00:00 ora_gtx0_RACSV2
oracle    3134     1  0 10:05 ?        00:00:00 ora_rcbg_RACSV2
oracle    3138     1  0 10:05 ?        00:00:00 ora_qmnc_RACSV2
oracle    3195     1  0 10:05 ?        00:00:00 ora_q000_RACSV2
oracle    3199     1  0 10:05 ?        00:00:00 ora_q001_RACSV2
oracle    3263     1  0 10:10 ?        00:00:00 ora_smco_RACSV2
oracle    3267     1  0 10:10 ?        00:00:00 ora_w000_RACSV2
oracle    3291     1  0 10:12 ?        00:00:00 ora_pz99_RACSV2
root      3370   795  0 10:18 pts/1    00:00:00 grep ora_

(3) データベース接続確認
oracleユーザでログインし、sqlplusコマンドでデータベースに接続できることを確認します。

■RACノード1(11gR2RAC01)
[oracle@11gR2RAC01 ~]$ sqlplus / as sysdba

SQL*Plus: Release 11.2.0.1.0 Production on 日 5月 27 10:23:11 2012

Copyright (c) 1982, 2009, Oracle.  All rights reserved.



Oracle Database 11g Enterprise Edition Release 11.2.0.1.0 - 64bit Production
With the Real Application Clusters and Automatic Storage Management options
に接続されました。

■RACノード2(11gR2RAC02)
[oracle@11gR2RAC02 ~]$ sqlplus / as sysdba

SQL*Plus: Release 11.2.0.1.0 Production on 日 5月 27 10:24:04 2012

Copyright (c) 1982, 2009, Oracle.  All rights reserved.



Oracle Database 11g Enterprise Edition Release 11.2.0.1.0 - 64bit Production
With the Real Application Clusters and Automatic Storage Management options
に接続されました。




以上です。




トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



前ページへ:RAC構築 11gR2 on Oracle Linux5.8[VMWare] (10)Oracleソフトウェアインストール
次ページへ:RAC構築 11gR2 on Oracle Linux5.8[VMWare] 【参考】このディスクが依存するスナップショットディスクを開くことができません

ページのトップへ

必ずお読みください

本ブログ記事をご利用になって生じたいかなる損害についても当方は一切責任を負いません。
ご利用は自己責任でお願いします。(^―^)

広 告





ブログランキング/その他


ビジネスブログ100選

ブログランキング・にほんブログ村へ
blogramで人気ブログを分析




最新トラックバック


RSSリンクの表示

QRコード

QR

アクセスカウンター

ユニーク:
トータル:


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。