Oracle中心にIT全般の技術情報を気が向くままに書いています。他にLinux、仮想化技術(VMWare)やトラブルに役立つ情報などがあります。

スポンサーサイトRAC構築 11gR2 on Oracle Linux5.8[VMWare] (4)OS設定


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
RAC構築 11gR2 on Oracle Linux5.8[VMWare]
(1)全体設計
(2)OSインストール
(3)VMWare Toolsインストール(任意)
(4)OS設定
(5)NTP環境構築
(6)ASM用共有ディスク追加
(7)ユーザ設定その他
(8)ゲストOS複製(RACノード2作成)
(9)Grid Infrastructureインストール
(10)Oracleソフトウェアインストール
(11)RAC用データベース作成
【参考】このディスクが依存するスナップショットディスクを開くことができません
【参考】Timed out waiting for the CRS stack to start
【参考】ゲストOSが突然フリーズする
【参考】root.shエラー時に再実行する


OSに追加で必要な環境設定を行います。



追加モジュールインストール
必要なモジュールをrpmコマンドで追加インストールします。

インストールするOracleのバージョンが11.2.0.2より前の場合は32ビットのモジュールも必要とのことで、今回は11.2.0.1を使用する予定なので、32ビットと64ビットの両方をインストールします。

下記のバージョン以降のモジュールをインストールします。
binutils-2.17.50.0.6 (64 bit)
binutils-2.17.50.0.6 (32 bit)
compat-libstdc++-33-3.2.3 (64 bit)
compat-libstdc++-33-3.2.3 (32 bit)
elfutils-libelf-0.125 (64 bit)
elfutils-libelf-devel-0.125 (64 bit)
gcc-4.1.2 (64 bit)
gcc-c++-4.1.2 (64 bit)
glibc-2.5-24 (64 bit)
glibc-2.5-24 (32 bit)
glibc-common-2.5 (64 bit)
glibc-devel-2.5 (64 bit)
glibc-devel-2.5 (32 bit)
glibc-headers-2.5 (64 bit)
ksh-20060214 (64 bit)
libaio-0.3.106 (64 bit)
libaio-0.3.106 (32 bit)
libaio-devel-0.3.106 (64 bit)
libaio-devel-0.3.106 (32 bit)
libgcc-4.1.2 (64 bit)
libgcc-4.1.2 (32 bit)
libstdc++-4.1.2 (64 bit)
libstdc++-4.1.2 (32 bit)
libstdc++-devel 4.1.2 (64 bit)
make-3.81 (64 bit)
sysstat-7.0.2unixODBC-2.2.11 (32 bit)
unixODBC-devel-2.2.11 (64 bit)
unixODBC-devel-2.2.11 (32 bit)
unixODBC-2.2.11 (64 bit)
unixODBC-2.2.11 (32 bit)

下がインストール結果です。

■インストール結果
unixODBC系をインストールする際に「libboundparam.so.1()(64bit) は unixODBC-devel-2.2.11-10.el5.x86_64 に必要とされて います」って言われたのですが、一緒に「unixODBC-2.2.11-10.el5.x86_64.rpm」と「unixODBC-libs-2.2.11-10.el5.x86_64.rpm」をインストールしてあげればうまく行きました。
また、マニュアル上はunixODBCは64ビットで良いと書いてあるように思えるのですが、32ビットもインストールしないと、Grid Infrastructureの前提条件チェックでエラーが発生したので、32ビットも入れるようにします。

[root@11gR2RAC01 module]# rpm -ivh binutils-2.17.50.0.6-20.el5.x86_64.rpm
警告: binutils-2.17.50.0.6-20.el5.x86_64.rpm: ヘッダ V3 DSA signature: NOKEY, key ID 1e5e0159
準備中...                ########################################### [100%]
        パッケージ binutils-2.17.50.0.6-20.el5.x86_64 は既にインストールされています。
[root@11gR2RAC01 module]# rpm -ivh binutils-2.17.50.0.6-20.el5.i386.rpm
警告: binutils-2.17.50.0.6-20.el5.i386.rpm: ヘッダ V3 DSA signature: NOKEY, key ID 1e5e0159
準備中...                ########################################### [100%]
   1:binutils               ########################################### [100%]
[root@11gR2RAC01 module]# rpm -ivh compat-libstdc++-33-3.2.3-61.x86_64.rpm
警告: compat-libstdc++-33-3.2.3-61.x86_64.rpm: ヘッダ V3 DSA signature: NOKEY, key ID 1e5e0159
準備中...                ########################################### [100%]
        パッケージ compat-libstdc++-33-3.2.3-61.x86_64 は既にインストールされています。
[root@11gR2RAC01 module]# rpm -ivh compat-libstdc++-33-3.2.3-61.i386.rpm
警告: compat-libstdc++-33-3.2.3-61.i386.rpm: ヘッダ V3 DSA signature: NOKEY, key ID 1e5e0159
準備中...                ########################################### [100%]
        パッケージ compat-libstdc++-33-3.2.3-61.i386 は既にインストールされています。
[root@11gR2RAC01 module]# rpm -ivh elfutils-libelf-0.137-3.el5.x86_64.rpm
警告: elfutils-libelf-0.137-3.el5.x86_64.rpm: ヘッダ V3 DSA signature: NOKEY, key ID 1e5e0159
準備中...                ########################################### [100%]
        パッケージ elfutils-libelf-0.137-3.el5.x86_64 は既にインストールされています。
[root@11gR2RAC01 module]# rpm -ivh elfutils-libelf-devel-0.137-3.el5.x86_64.rpm
警告: elfutils-libelf-devel-0.137-3.el5.x86_64.rpm: ヘッダ V3 DSA signature: NOKEY, key ID 1e5e0159
エラー: 依存性の欠如:
        elfutils-libelf-devel-static-x86_64 = 0.137-3.el5 は elfutils-libelf-devel-0.137-3.el5.x86_64 に必要とされています
[root@11gR2RAC01 module]# rpm -ivh elfutils-libelf-devel-0.137-3.el5.x86_64.rpm elfutils-libelf-devel-static-0.137-3.el5.x86_64.rpm
警告: elfutils-libelf-devel-0.137-3.el5.x86_64.rpm: ヘッダ V3 DSA signature: NOKEY, key ID 1e5e0159
準備中...                ########################################### [100%]
   1:elfutils-libelf-devel-s########################################### [ 50%]
   2:elfutils-libelf-devel  ########################################### [100%]
[root@11gR2RAC01 module]# rpm -ivh gcc-4.1.2-52.el5.x86_64.rpm
警告: gcc-4.1.2-52.el5.x86_64.rpm: ヘッダ V3 DSA signature: NOKEY, key ID 1e5e0159
準備中...                ########################################### [100%]
        パッケージ gcc-4.1.2-52.el5.x86_64 は既にインストールされています。
[root@11gR2RAC01 module]# rpm -ivh gcc-c++-4.1.2-52.el5.x86_64.rpm
警告: gcc-c++-4.1.2-52.el5.x86_64.rpm: ヘッダ V3 DSA signature: NOKEY, key ID 1e5e0159
エラー: 依存性の欠如:
        libstdc++-devel = 4.1.2-52.el5 は gcc-c++-4.1.2-52.el5.x86_64 に必要とされています
[root@11gR2RAC01 module]# rpm -ivh gcc-c++-4.1.2-52.el5.x86_64.rpm libstdc++-devel-4.1.2-52.el5.x86_64.rpm
警告: gcc-c++-4.1.2-52.el5.x86_64.rpm: ヘッダ V3 DSA signature: NOKEY, key ID 1e5e0159
準備中...                ########################################### [100%]
   1:libstdc++-devel        ########################################### [ 50%]
   2:gcc-c++                ########################################### [100%]
[root@11gR2RAC01 module]# rpm -ivh glibc-2.5-81.x86_64.rpm
警告: glibc-2.5-81.x86_64.rpm: ヘッダ V3 DSA signature: NOKEY, key ID 1e5e0159
準備中...                ########################################### [100%]
        パッケージ glibc-2.5-81.x86_64 は既にインストールされています。
[root@11gR2RAC01 module]# rpm -ivh glibc-2.5-81.x86_64.rpm
警告: glibc-2.5-81.x86_64.rpm: ヘッダ V3 DSA signature: NOKEY, key ID 1e5e0159
準備中...                ########################################### [100%]
        パッケージ glibc-2.5-81.x86_64 は既にインストールされています。
[root@11gR2RAC01 module]# rpm -ivh glibc-2.5-81.i686.rpm
警告: glibc-2.5-81.i686.rpm: ヘッダ V3 DSA signature: NOKEY, key ID 1e5e0159
準備中...                ########################################### [100%]
        パッケージ glibc-2.5-81.i686 は既にインストールされています。
[root@11gR2RAC01 module]# rpm -ivh glibc-common-2.5-81.x86_64.rpm
警告: glibc-common-2.5-81.x86_64.rpm: ヘッダ V3 DSA signature: NOKEY, key ID 1e5e0159
準備中...                ########################################### [100%]
        パッケージ glibc-common-2.5-81.x86_64 は既にインストールされています。
[root@11gR2RAC01 module]# rpm -ivh glibc-devel-2.5-81.x86_64.rpm
警告: glibc-devel-2.5-81.x86_64.rpm: ヘッダ V3 DSA signature: NOKEY, key ID 1e5e0159
準備中...                ########################################### [100%]
        パッケージ glibc-devel-2.5-81.x86_64 は既にインストールされています。
[root@11gR2RAC01 module]# rpm -ivh glibc-devel-2.5-81.i386.rpm
警告: glibc-devel-2.5-81.i386.rpm: ヘッダ V3 DSA signature: NOKEY, key ID 1e5e0159
準備中...                ########################################### [100%]
   1:glibc-devel            ########################################### [100%]
[root@11gR2RAC01 module]# rpm -ivh glibc-headers-2.5-81.x86_64.rpm
警告: glibc-headers-2.5-81.x86_64.rpm: ヘッダ V3 DSA signature: NOKEY, key ID 1e5e0159
準備中...                ########################################### [100%]
        パッケージ glibc-headers-2.5-81.x86_64 は既にインストールされています。
[root@11gR2RAC01 module]# rpm -ivh ksh-20100621-5.el5.x86_64.rpm
警告: ksh-20100621-5.el5.x86_64.rpm: ヘッダ V3 DSA signature: NOKEY, key ID 1e5e0159
準備中...                ########################################### [100%]
        パッケージ ksh-20100621-5.el5.x86_64 は既にインストールされています。
[root@11gR2RAC01 module]# rpm -ivh libaio-0.3.106-5.x86_64.rpm
警告: libaio-0.3.106-5.x86_64.rpm: ヘッダ V3 DSA signature: NOKEY, key ID 1e5e0159
準備中...                ########################################### [100%]
        パッケージ libaio-0.3.106-5.x86_64 は既にインストールされています。
[root@11gR2RAC01 module]# rpm -ivh libaio-0.3.106-5.i386.rpm
警告: libaio-0.3.106-5.i386.rpm: ヘッダ V3 DSA signature: NOKEY, key ID 1e5e0159
準備中...                ########################################### [100%]
        パッケージ libaio-0.3.106-5.i386 は既にインストールされています。
[root@11gR2RAC01 module]# rpm -ivh libaio-devel-0.3.106-5.x86_64.rpm
警告: libaio-devel-0.3.106-5.x86_64.rpm: ヘッダ V3 DSA signature: NOKEY, key ID 1e5e0159
準備中...                ########################################### [100%]
   1:libaio-devel           ########################################### [100%]
[root@11gR2RAC01 module]# rpm -ivh libaio-devel-0.3.106-5.i386.rpm
警告: libaio-devel-0.3.106-5.i386.rpm: ヘッダ V3 DSA signature: NOKEY, key ID 1e5e0159
準備中...                ########################################### [100%]
   1:libaio-devel           ########################################### [100%]
[root@11gR2RAC01 module]# rpm -ivh libgcc-4.1.2-52.el5.x86_64.rpm
警告: libgcc-4.1.2-52.el5.x86_64.rpm: ヘッダ V3 DSA signature: NOKEY, key ID 1e5e0159
準備中...                ########################################### [100%]
        パッケージ libgcc-4.1.2-52.el5.x86_64 は既にインストールされています。
[root@11gR2RAC01 module]# rpm -ivh libgcc-4.1.2-52.el5.i386.rpm
警告: libgcc-4.1.2-52.el5.i386.rpm: ヘッダ V3 DSA signature: NOKEY, key ID 1e5e0159
準備中...                ########################################### [100%]
        パッケージ libgcc-4.1.2-52.el5.i386 は既にインストールされています。
[root@11gR2RAC01 module]# rpm -ivh libstdc++-4.1.2-52.el5.x86_64.rpm
警告: libstdc++-4.1.2-52.el5.x86_64.rpm: ヘッダ V3 DSA signature: NOKEY, key ID 1e5e0159
準備中...                ########################################### [100%]
        パッケージ libstdc++-4.1.2-52.el5.x86_64 は既にインストールされています。
[root@11gR2RAC01 module]# rpm -ivh libstdc++-4.1.2-52.el5.i386.rpm
警告: libstdc++-4.1.2-52.el5.i386.rpm: ヘッダ V3 DSA signature: NOKEY, key ID 1e5e0159
準備中...                ########################################### [100%]
        パッケージ libstdc++-4.1.2-52.el5.i386 は既にインストールされています。
[root@11gR2RAC01 module]# rpm -ivh libstdc++-devel-4.1.2-52.el5.x86_64.rpm
警告: libstdc++-devel-4.1.2-52.el5.x86_64.rpm: ヘッダ V3 DSA signature: NOKEY, key ID 1e5e0159
準備中...                ########################################### [100%]
        パッケージ libstdc++-devel-4.1.2-52.el5.x86_64 は既にインストールされています。
[root@11gR2RAC01 module]# rpm -ivh make-3.81-3.el5.x86_64.rpm
警告: make-3.81-3.el5.x86_64.rpm: ヘッダ V3 DSA signature: NOKEY, key ID 1e5e0159
準備中...                ########################################### [100%]
        パッケージ make-3.81-3.el5.x86_64 は既にインストールされています。
[root@11gR2RAC01 module]# rpm -ivh sysstat-7.0.2-11.el5.i386.rpm
警告: sysstat-7.0.2-11.el5.i386.rpm: ヘッダ V3 DSA signature: NOKEY, key ID 1e5e0159
準備中...                ########################################### [100%]
   1:sysstat                ########################################### [100%]
[root@11gR2RAC01 module]# rpm -ivh unixODBC-devel-2.2.11-10.el5.x86_64.rpm
警告: unixODBC-devel-2.2.11-10.el5.x86_64.rpm: ヘッダ V3 DSA signature: NOKEY, key ID 1e5e0159
エラー: 依存性の欠如:
        libboundparam.so.1()(64bit) は unixODBC-devel-2.2.11-10.el5.x86_64 に必要とされて います
        libesoobS.so.1()(64bit) は unixODBC-devel-2.2.11-10.el5.x86_64 に必要とされていま す
        libgtrtst.so.1()(64bit) は unixODBC-devel-2.2.11-10.el5.x86_64 に必要とされていま す
        libmimerS.so.1()(64bit) は unixODBC-devel-2.2.11-10.el5.x86_64 に必要とされていま す
        libnn.so.1()(64bit) は unixODBC-devel-2.2.11-10.el5.x86_64 に必要とされています
        libodbccr.so.1()(64bit) は unixODBC-devel-2.2.11-10.el5.x86_64 に必要とされていま す
        libodbcdrvcfg1S.so.1()(64bit) は unixODBC-devel-2.2.11-10.el5.x86_64 に必要とされ ています
        libodbcdrvcfg2S.so.1()(64bit) は unixODBC-devel-2.2.11-10.el5.x86_64 に必要とされ ています
        libodbcinst.so.1()(64bit) は unixODBC-devel-2.2.11-10.el5.x86_64 に必要とされてい ます
        libodbcminiS.so.1()(64bit) は unixODBC-devel-2.2.11-10.el5.x86_64 に必要とされています
        libodbcnnS.so.1()(64bit) は unixODBC-devel-2.2.11-10.el5.x86_64 に必要とされています
        libodbctxtS.so.1()(64bit) は unixODBC-devel-2.2.11-10.el5.x86_64 に必要とされてい ます
        liboplodbcS.so.1()(64bit) は unixODBC-devel-2.2.11-10.el5.x86_64 に必要とされてい ます
        liboraodbcS.so.1()(64bit) は unixODBC-devel-2.2.11-10.el5.x86_64 に必要とされてい ます
        libsapdbS.so.1()(64bit) は unixODBC-devel-2.2.11-10.el5.x86_64 に必要とされていま す
        libtdsS.so.1()(64bit) は unixODBC-devel-2.2.11-10.el5.x86_64 に必要とされています
        libtemplate.so.1()(64bit) は unixODBC-devel-2.2.11-10.el5.x86_64 に必要とされてい ます
        unixODBC = 2.2.11-10.el5 は unixODBC-devel-2.2.11-10.el5.x86_64 に必要とされています
        unixODBC-libs = 2.2.11-10.el5 は unixODBC-devel-2.2.11-10.el5.x86_64 に必要とされ ています
[root@11gR2RAC01 module]# rpm -ivh unixODBC-devel-2.2.11-10.el5.x86_64.rpm unixODBC-2.2.11-10.el5.x86_64.rpm
警告: unixODBC-devel-2.2.11-10.el5.x86_64.rpm: ヘッダ V3 DSA signature: NOKEY, key ID 1e5e0159
エラー: 依存性の欠如:
        libboundparam.so.1()(64bit) は unixODBC-devel-2.2.11-10.el5.x86_64 に必要とされて います
        libesoobS.so.1()(64bit) は unixODBC-devel-2.2.11-10.el5.x86_64 に必要とされていま す
        libgtrtst.so.1()(64bit) は unixODBC-devel-2.2.11-10.el5.x86_64 に必要とされていま す
        libmimerS.so.1()(64bit) は unixODBC-devel-2.2.11-10.el5.x86_64 に必要とされていま す
        libnn.so.1()(64bit) は unixODBC-devel-2.2.11-10.el5.x86_64 に必要とされています
        libodbccr.so.1()(64bit) は unixODBC-devel-2.2.11-10.el5.x86_64 に必要とされていま す
        libodbcdrvcfg1S.so.1()(64bit) は unixODBC-devel-2.2.11-10.el5.x86_64 に必要とされ ています
        libodbcdrvcfg2S.so.1()(64bit) は unixODBC-devel-2.2.11-10.el5.x86_64 に必要とされ ています
        libodbcinst.so.1()(64bit) は unixODBC-devel-2.2.11-10.el5.x86_64 に必要とされてい ます
        libodbcminiS.so.1()(64bit) は unixODBC-devel-2.2.11-10.el5.x86_64 に必要とされています
        libodbcnnS.so.1()(64bit) は unixODBC-devel-2.2.11-10.el5.x86_64 に必要とされています
        libodbctxtS.so.1()(64bit) は unixODBC-devel-2.2.11-10.el5.x86_64 に必要とされてい ます
        liboplodbcS.so.1()(64bit) は unixODBC-devel-2.2.11-10.el5.x86_64 に必要とされてい ます
        liboraodbcS.so.1()(64bit) は unixODBC-devel-2.2.11-10.el5.x86_64 に必要とされてい ます
        libsapdbS.so.1()(64bit) は unixODBC-devel-2.2.11-10.el5.x86_64 に必要とされていま す
        libtdsS.so.1()(64bit) は unixODBC-devel-2.2.11-10.el5.x86_64 に必要とされています
        libtemplate.so.1()(64bit) は unixODBC-devel-2.2.11-10.el5.x86_64 に必要とされてい ます
        unixODBC-libs = 2.2.11-10.el5 は unixODBC-devel-2.2.11-10.el5.x86_64 に必要とされ ています
        libodbc.so.1()(64bit) は unixODBC-2.2.11-10.el5.x86_64 に必要とされています
        libodbcinst.so.1()(64bit) は unixODBC-2.2.11-10.el5.x86_64 に必要とされています
        unixODBC-libs = 2.2.11-10.el5 は unixODBC-2.2.11-10.el5.x86_64 に必要とされていま す
[root@11gR2RAC01 module]# rpm -ivh unixODBC-devel-2.2.11-10.el5.x86_64.rpm unixODBC-2.2.11-10.el5.x86_64.rpm unixODBC-libs-2.2.11-10.el5.x86_64.rpm
警告: unixODBC-devel-2.2.11-10.el5.x86_64.rpm: ヘッダ V3 DSA signature: NOKEY, key ID 1e5e0159
準備中...                ########################################### [100%]
   1:unixODBC-libs          ########################################### [ 33%]
   2:unixODBC               ########################################### [ 67%]
   3:unixODBC-devel         ########################################### [100%]
[root@11gR2RAC01 module]# rpm -ivh unixODBC-2.2.11-10.el5.i386.rpm unixODBC-devel-2.2.11-10.el5.i386.rpm unixODBC-libs-2.2.11-10.el5.i386.rpm
警告: unixODBC-2.2.11-10.el5.i386.rpm: ヘッダ V3 DSA signature: NOKEY, key ID 1e5e0159
準備中...                ########################################### [100%]
   1:unixODBC-libs          ########################################### [ 33%]
   2:unixODBC               ########################################### [ 67%]
   3:unixODBC-devel         ########################################### [100%]


OSパラメータ変更
(1)limits.conf修正
 ■/etc/security/limits.confの修正
  下記の内容を追記します。
oracle      soft      nproc      2047
oracle      hard      nproc      16384
oracle      soft      nofile     1024
oracle      hard      nofile     65536
grid        soft      nproc      2047
grid        hard      nproc      16384
grid        soft      nofile     1024
grid        hard      nofile     65536

(2)PAM修正
 ■/etc/pam.d/loginの修正
  下記の内容を追記します。
session     required      pam_limits.so

(3)sysctl.conf修正
 ■/etc/sysctl.confの修正
  ・下記のように編集もしくは追記を行います。
fs.aio-max-nr = 1048576
fs.file-max = 6815744
kernel.shmall = 2097152
kernel.shmmax = 4294967295
kernel.shmmni = 4096
kernel.sem = 250 32000 100 128
net.ipv4.ip_local_port_range = 9000 65500
net.core.rmem_default = 262144
net.core.rmem_max = 4194304
net.core.wmem_default = 262144
net.core.wmem_max = 1048586

 ・下記のように"/sbin/sysctl -p"と実行して変更パラメータの反映を行います。。
[root@11gR2RAC01 etc]# /sbin/sysctl -p
net.ipv4.ip_forward = 0
net.ipv4.conf.default.rp_filter = 2
net.ipv4.conf.default.accept_source_route = 0
kernel.sysrq = 0
kernel.core_uses_pid = 1
net.ipv4.tcp_syncookies = 1
kernel.msgmnb = 65536
kernel.msgmax = 65536
fs.aio-max-nr = 1048576
fs.file-max = 6815744
kernel.shmall = 2097152
kernel.shmmax = 4294967295
kernel.shmmni = 4096
kernel.sem = 250 32000 100 128
net.ipv4.ip_local_port_range = 9000 65500
net.core.rmem_default = 262144
net.core.rmem_max = 4194304
net.core.wmem_default = 262144
net.core.wmem_max = 1048586
   

SWAP領域の拡張
SWAP領域が不足していると、Grid Infrastructureインストール時の前提条件チェックでエラーが発生してしまいます。
エラーは無視しても構いませんが、ここではSWAP領域の拡張を行います。

(1)SWAP領域の拡張
・現在のswap領域を確認すると、SWAP領域は約2GB(2015)あります。
[root@11gR2RAC02 ~]# free -mt
             total       used       free     shared    buffers     cached
Mem:          1621       1219        402          0         22        897
-/+ buffers/cache:        299       1322
Swap:         2015          0       2015
Total:        3637       1219       2418

・SWAP領域用ファイルの作成をddコマンドで行います。
 ここでは、3GB(1024×1024×3=3145728)を指定しています。
[root@11gR2RAC02 ~]# dd if=/dev/zero of=/swapfile bs=1024 count=3145728
3145728+0 records in
3145728+0 records out
3221225472 bytes (3.2 GB) copied, 225.508 seconds, 14.3 MB/s

・SWAP形式にファイルを変換します。
[root@11gR2RAC02 ~]# mkswap /swapfile
Setting up swapspace version 1, size = 3221221 kB

・SWAPの有効化を行います。
[root@11gR2RAC01 ~]# swapon /swapfile

・/swapfileがSWAP領域として認識されたことを確認します。
[root@11gR2RAC02 ~]# swapon -s
Filename                                Type            Size    Used    Priority
/dev/mapper/VolGroup00-LogVol01         partition       2064376 0       -1
/swapfile                               file            3145720 0       -2

・SWAP領域が約5GBに拡張されたことを確認します。
[root@11gR2RAC02 ~]# free -mt
             total       used       free     shared    buffers     cached
Mem:          1621       1599         21          0         19       1267
-/+ buffers/cache:        312       1308
Swap:         5087          0       5087
Total:        6709       1599       5109

(2)SWAP領域拡張の永続化設定
サーバ再起動してもSWAP領域の拡張が有効となるように/etc/fstabの設定を行います。

・下記の行を/etc/fstabファイルに追記します。
/swapfile                swap                    swap    defaults        0 0

以上です。




以上です。




トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



前ページへ:RAC構築 11gR2 on Oracle Linux5.8[VMWare] (3)VMWare Toolsインストール(任意)
次ページへ:RAC構築 11gR2 on Oracle Linux5.8[VMWare] (5)NTP環境構築

ページのトップへ

必ずお読みください

本ブログ記事をご利用になって生じたいかなる損害についても当方は一切責任を負いません。
ご利用は自己責任でお願いします。(^―^)

広 告





ブログランキング/その他


ビジネスブログ100選

ブログランキング・にほんブログ村へ
blogramで人気ブログを分析




最新トラックバック


RSSリンクの表示

QRコード

QR

アクセスカウンター

ユニーク:
トータル:


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。