Oracle中心にIT全般の技術情報を気が向くままに書いています。他にLinux、仮想化技術(VMWare)やトラブルに役立つ情報などがあります。

スポンサーサイトRAC構築 11gR2 on Oracle Linux5.8[VMWare] (3)VMWare Toolsインストール(任意)


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
RAC構築 11gR2 on Oracle Linux5.8[VMWare]
(1)全体設計
(2)OSインストール
(3)VMWare Toolsインストール(任意)
(4)OS設定
(5)NTP環境構築
(6)ASM用共有ディスク追加
(7)ユーザ設定その他
(8)ゲストOS複製(RACノード2作成)
(9)Grid Infrastructureインストール
(10)Oracleソフトウェアインストール
(11)RAC用データベース作成
【参考】このディスクが依存するスナップショットディスクを開くことができません
【参考】Timed out waiting for the CRS stack to start
【参考】ゲストOSが突然フリーズする
【参考】root.shエラー時に再実行する


RACの構築には不要ですが,便利なのでVMWare Toolsのインストールを行いたいと思います。
下記手順は途中で一度失敗しているので注意が必要です。最後には解決してます
kernel-develのインストールについては、「uname -mr」でバージョンを確認の上で実施したほうが良いかもしれません。




VMWare Toolsインストール環境の準備
 VMWare Toolsのインストールに必要な下記モジュールを事前にrpmコマンドでインストールします。
 ・gcc
 ・glibc
 ・glibc-headers
 ・kernel-headers
 ・kernel-devel
 ・make

 上記のうち、makeについては既にインストール済みだったため、それを除いてインストールします。
 また、上記モジュールは全てLinuxインストール時に使用したISOファイル内に入っています。

[root@11gR2RAC01 ~]# cd "/media/OL5.8 x86_64 dvd 20120229/Server"
[root@11gR2RAC01 Server]# rpm -ivh gcc-4.1.2-52.el5.x86_64.rpm glibc-devel-2.5-81.x86_64.rpm glibc-headers-2.5-81.x86_64.rpm kernel-headers-2.6.18-308.el5.x86_64.rpm
警告: gcc-4.1.2-52.el5.x86_64.rpm: ヘッダ V3 DSA signature: NOKEY, key ID 1e5e0159
準備中...                ########################################### [100%]
   1:kernel-headers         ########################################### [ 25%]
   2:glibc-headers          ########################################### [ 50%]
   3:glibc-devel            ########################################### [ 75%]
   4:gcc                    ########################################### [100%]
[root@11gR2RAC01 Server]# rpm -ivh kernel-devel-2.6.18-308.el5.x86_64.rpm
警告: kernel-devel-2.6.18-308.el5.x86_64.rpm: ヘッダ V3 DSA signature: NOKEY, key ID 1e5e0159
準備中...                ########################################### [100%]
   1:kernel-devel           ########################################### [100%]
[root@11gR2RAC01 Server]#


VMWare Toolsインストール(失敗)
・Oracle Linuxにログインします。

・仮想マシン->VMWare Toolsのインストールをクリックします。


・暫くするとCDにマウントされてフォルダが開きます。


・インストーラを解凍します。
[root@11gR2RAC01 /]# cd /tmp
[root@11gR2RAC01 tmp]# tar xvfz "/media/VMware Tools/VMwareTools-8.4.2-261024.tar.gz"
~続く~
vmware-tools-distrib/installer/services.sh
vmware-tools-distrib/INSTALL
vmware-tools-distrib/FILES

・インストーラ「vmware-install.pl」を実行します。
 インストール中にフォルダの位置等を聞かれますが、全てデフォルトのままEnterキーを押していきます。
[root@11gR2RAC01 vmware-tools-distrib]# ./vmware-install.pl
A previous installation of VMware Tools has been detected.
~続く~

 しかし途中で下記のように、「The path "" is not valid.」や「What is the location of the directory of C header files that match your running kernel?」のメッセージが繰り返し表示され、次に進まなくなってしまいました。
Searching for a valid kernel header path...
The path "" is not valid.
Would you like to change it? [yes]

What is the location of the directory of C header files that match your running
kernel? /usr/src/kernels/2.6.18-308.el5-x86_64/include


失敗原因調査と対応
・カーネルバージョン確認
 uname -mrコマンドで確認すると、カーネルは「2.6.32-300.10.1.el5uek x86_64」であることが分かります。
[root@11gR2RAC01 2.6.32-300.10.1.el5uek]# uname -mr
2.6.32-300.10.1.el5uek x86_64

・カーネルパス確認
 通常のパスは「/lib/modules/カーネルバージョン/build/include」になるようなので確認すると、そのようなディレクトリが無いと言われてしまいました。
[root@11gR2RAC01 2.6.32-300.10.1.el5uek]# ls /lib/modules/2.6.32-300.10.1.el5uek/build/include
ls: /lib/modules/2.6.32-300.10.1.el5uek/build/include: そのようなファイルやディレクトリはありません

 確認すると、「/lib/modules/2.6.32-300.10.1.el5uek/build」にシンボリックリンクが張られていますが、そのディレクトリが存在しないことが分かりました。
[root@11gR2RAC01 2.6.32-300.10.1.el5uek]# cd /lib/modules/2.6.32-300.10.1.el5uek
[root@11gR2RAC01 2.6.32-300.10.1.el5uek]# ls -l build
lrwxrwxrwx 1 root root 47  4月 23  2012 build -> ../../../usr/src/kernels/2.6.32-300.10.1.el5uek
[root@11gR2RAC01 2.6.32-300.10.1.el5uek]# ls -l ../../../usr/src/kernels/2.6.32-300.10.1.el5uek
ls: ../../../usr/src/kernels/2.6.32-300.10.1.el5uek: そのようなファイルやディレクトリはありません

・kernel-uek-develのインストール
 良く見ると、最初にインストールした「kernel-devel」のバージョンと、「uname -mr」で確認したバージョンが異なることに気づきました
 ということで、uname -mrと同じバージョンのインストールをします。
[root@11gR2RAC01 Server]# rpm -ivh kernel-uek-devel-2.6.32-300.10.1.el5uek.x86_64.rpm
警告: kernel-uek-devel-2.6.32-300.10.1.el5uek.x86_64.rpm: ヘッダ V3 DSA signature: NOKEY, key ID 1e5e0159
準備中...                ########################################### [100%]
   1:kernel-uek-devel       ########################################### [100%]


インストーラ再実行(成功)
・vmware-install.plファイルを再実行し、ひたすらEnterキーを押していくとインストールが正常終了することができました。
[root@11gR2RAC01 vmware-tools-distrib]# ./vmware-install.pl
A previous installation of VMware Tools has been detected.
~続く~
Enjoy,

--the VMware team


以上です。




以上です。




トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



前ページへ:RAC構築 11gR2 on Oracle Linux5.8[VMWare] (2)OSインストール
次ページへ:RAC構築 11gR2 on Oracle Linux5.8[VMWare] (4)OS設定

ページのトップへ

必ずお読みください

本ブログ記事をご利用になって生じたいかなる損害についても当方は一切責任を負いません。
ご利用は自己責任でお願いします。(^―^)

広 告





ブログランキング/その他


ビジネスブログ100選

ブログランキング・にほんブログ村へ
blogramで人気ブログを分析




最新トラックバック


RSSリンクの表示

QRコード

QR

アクセスカウンター

ユニーク:
トータル:


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。